iPhone 7用バッテリーを撮影したとみられる画像が流出 iPhone 6sよりも若干バッテリー容量がアップか

iphone7concept02161

ヘッドフォン端子が廃止されると予想されていることで、一部ユーザーの間で問題視されている「iPhone 7」だが、薄くなることで心配されるのはバッテリーの容量が少なくなることだ。

iPhone」の筐体が薄くなることで、本体の内部容積が圧迫され、結果的にバッテリースペースが小さくなりバッテリー容量が少なくなることも一時期考えられたが、どうやらそれは杞憂に終わりそうだ。

「iPhone 7」に搭載されると思わしきバッテリーの画像が公開されているので紹介したいと思う。

「iPhone 7」は「iPhone 6s」のバッテリーよりもバッテリー容量は向上?

今回、Digi.tech.qq.comは「iPhone 7」用バッテリーと思わしき画像を公開している。

battery1

公開されている画像を詳しく見てみると、バッテリー本体に小さくだが数字が記載されており、「iPhone 7」に搭載されるバッテリーは7.04Whrであることが分かる。

battery2

現行機種の「iPhone 6s」に搭載されているバッテリーは6.61Whrであることから、若干だが「iPhone 6s」を上回るバッテリー性能となる可能性があることになる。この画像には電圧が記載されておらず、mAhベースの実際のバッテリー容量が分からないのが残念だが、バッテリー持ちが少しでも改善されるのであれば非常に嬉しいことだ。

発売までまだ時間があるので、まだ確定的な情報ではないにしても少しずつリーク情報が出てきている感がある「iPhone 7」。2年に1回のメジャーアップデートの時期であるだけに、大きな期待が集まっている。

[ via MacRumors ]

battery1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう