「iPhone 7」のCAD画像がリーク 「iPhone 6s」とほぼ同じサイズになる可能性が濃厚

次期「iPhone」となる予定の「iPhone 7」は、例年であれば2年に一度の大型アップデート端末になるはず。約2年前に「iPhone 6」を購入した人にとっては、乗り換えを対象となるかもしれない非常に重要な端末だ。

そんな気になる「iPhone 7」だが、Nowhereelse.frが次期「iPhone」のものと思われるCAD画像を公開している。「iPhone 7」がどういう端末になるのか詳しく見ていこう。

「iPhone 6s」とほぼ同じサイズ ーー「Smart Connector」の搭載は見送られた模様

今回、Nowhereelse.frが公開したCAD画像によると、次期「iPhone」のサイズは縦138.30mm、横67.12mm。このサイズは「iPhone 6s」とほぼ同じサイズで、画像を見ても分かるのだが外見上ほとんど前モデルと違いがないとのこと。

iphone-7cad

一部報道では「Smart Connector」が搭載されると言われていたが、CAD画像では先日の報道の通り、「Smart Connector」は搭載されず。

また、カメラ部分が「iPhone 6s」よりも大きめにカットされていることから、「iPhone 7」にもデュアルレンズカメラが搭載される可能性が出てきている(今まではiPhone 7 Plusのみに搭載と言われていた)。

そして、背面のアンテナライン(Dライン)が消失しているのは認識できるが、その他ヘッドフォンジャックが廃止されるのかどうかやステレオスピーカーが採用されるのかどうかについてはこれだけだと判断することができない。

iphone-101

今回のCAD画像を見ると、やはりAppleは「Smart Connector」の搭載を見送った模様。何を理由に見送ったのかは不明だが、発表まで約4ヶ月ほどとなった今でも仕様変更の情報が出てくるということは、Appleはまだ新型「iPhone」のテストを重ねているようだ。ということは、これからも「iPhone 7」の新情報が出てくる可能性が高い。

先日、AppleのCEOティム・クック氏は次期「iPhone」は生きていく上で必要不可欠になる機能を搭載すると発言している。

これを聞くと「iPhone 7」には過度に期待してしまうのだが、CAD画像を見ると前モデルと大きく変化していないようだ。一体どこに「誰もが欲しがる」新機能が搭載されるのだろうか。今後の情報が非常に気になるところだ。

[ via Nowhereelse.fr ]

iphone-7cad
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう