「iPhone 7」の新たなリーク画像がまたしても公開!レーザーオートフォーカスが搭載か

iPhone 7」はやはりカメラ機能が充実した端末になる可能性が濃厚か?本日、中国Weiboで「iPhone 7」の筐体を撮影したと見られるリーク画像が公開されている。

その画像によると「iPhone 7」は「レーザーオートフォーカス」という機能を搭載したモデルになっているとのことだ。

「レーザーオートフォーカス」機能が搭載

今回公開されたのは、「iPhone 7」の背面を撮影したものとみられる画像で、割と精巧に作られていることから本物なのかもしれないというほどの代物。

iphone7leak2

こちらが今回のリーク画像なのだが、ここ最近で有力な情報の通り、背面のアンテナラインの消失や、「Smart Connector」やデュアルレンズカメラが搭載されていないのがお分かりいただけるだろう。

ただ、1点だけ今までの噂と異なる点がある。それは、背面の「iSightカメラ」とLEDフラッシュの間に小さな穴が二つ開けられているということだ。

穴の一つは、今まで通り通話やビデオ撮影用のマイクになっていると思われるが、増えたもう一つの穴はこの写真をリークした人物によると、「レーザーオートフォーカスモジュール」用のものであるという。

「レーザーオートフォーカス」とは一体何なのだろうか。僕もあまり詳しくないのだが、撮影したい物にレーザーを当てることで、より早く撮影のピント合わせができるという技術。その小さな穴から微弱な赤外線レーザーを照射することで撮影物までの距離を測定するという。

ヘッドフォン端子が廃止されるかどうかについては不明

今回のリーク画像が本物かどうかは分からないが、Appleは「iPhone」のカメラ機能を毎年のように向上させていることから、このような仕様変更は十分にありえそうな話。

iphone7leak1

ちなみに、今回の画像からではヘッドフォン端子が廃止されているかどうかや、ステレオスピーカーが搭載されているかなど判別することはできないが、「iSightカメラ」部分は前モデルから少し大きくなっている模様。

カメラ部品は筐体から出っ張る仕様が引き続き採用されているのが少し残念なところ。出来ればこの出っ張りはなくなって欲しいんだけどなぁ。

[ via 気になる、記になる… ]

 

iphone7leak2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう