「iPhone」の流出が止まらない 「iPhone 7」と思わしきリーク画像がまたも公開される

先日から、「iPhone 7 / 7 Plus」の画像流出が止まらない。

現在、Appleが開発している新型「iPhone」は、現行モデルの「iPhone 6s / 6s Plus」と大きな変更点は少なく、マイナーアップデート程度に留まるといわれている。

今年は「iPhone」の2年に一度の大型アップデートの年ということもあり、出来れば今年がマイナーアップデートであることを否定したいところなのだが、残念なことに、またもや「iPhone 7」のものとみられる画像が流出しており、今までの噂通りの「iPhone」が公開されているので詳細をお伝えする。

本物かどうかは不明だが、背面部のアンテナラインが消失したデザインが特徴

iphone7leak

こちらが今回リークとして公開されている画像。「iPhone 7」を撮影したものとみられていて、中国Weiboで公開されていたものをnowhereelse.frのSteve Hemmerstoffer (@stagueve)氏がTwitterで公開したものだ。

画像を見てみると、筐体は現行モデルの「iPhone 6s / 6s Plus」などと非常に似たデザインをしていて、最近の噂通り現行モデルと大きな違いはなさそうだ。

背面のアンテナラインが消失していてスッキリとしたデザインをしているのは確認できるが、カメラパーツやLEDフラッシュパーツが埋め込まれていないようなので、搭載されるカメラの性能などの詳細は不明。

また、サイズ的には「iPhone 7」だと思われるが、背面から捉えた画像しか公開されていないため、ヘッドフォンジャックが廃止されているかどうかや、ステレオスピーカーが搭載されているかも確認できないのが残念なところ。

今回のリーク画像が本物を撮影したものかどうかは判断しかねるが、個人的にはなんとなくカメラの位置が少し上すぎるような気もしていて、粗末な印象を受けるためかフェイクのようにも見えなくもない。

冒頭でも述べたが、今年は2年に1度の「iPhone」のメジャーアップデートの年。大きな変化を期待していた人も多いと思うが、残念ながら今年の「iPhone」は小型アップデートに落ち着く模様。

嘘でもいいから、誰か今年の「iPhone」はすごい新機能を搭載すると言って欲しいところ。いや、確かどこかのCEOがそんなことを言っていたような気もするが。

iphone7leak
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう