「iPhone 7 Plus」の背面画像が公開?「Smart Connecter」とデュアルレンズカメラを搭載か

先日から「iPhone 7 Plus」用のデュアルレンズカメラのモジュール部品がリークとして公開され、少なくてもAppleがデュアルレンズカメラの搭載をテストしていることが明らかになっていた。

本当に搭載されるかは今のところわからないわけだが、本日Bastille Postが新たに「iPhone 7 Plus」の実機を撮影したとみられる画像がリークとして公開されているので紹介する。

「デュアルレンズカメラ」と「Smart Connecter」が搭載か

iphone7rumorsleaks4

今回、Bastille Postが公開しているリーク画像は、「iPhone 7 Plus」の背面を撮影した画像だ。写真は見てのとおり、デュアルレンズカメラの二つのレンズが横長に配置されているのがお分かりいただけると思う。

iphone7rumorsleaks5

カメラの突起は相変わらず健在で、カメラ部分が際立っているため、今の「iPhone 6s」シリーズのデザインよりも不格好なデザインとなってしまっている。また、背面のアンテナラインはDラインではなくなるものの、端末の上下端にはアンテナラインが埋め込まれるようになるようだ。そして、本体下には「SmartConnecter」と思わしき、3つの穴が開けられているのも確認できる。

iphone7rumorsleaks3

iphone7rumorsleaks2

今回のリーク画像を元に、Feld & Volkが上記のレンダリング画像を公開している。リーク画像だけでは実機をイメージしづらいと思うので、このレンダリング画像を参考にしてほしい。

また、Feld & Volkは有力な情報として伝えられている「iPhone 7iPhone 6sよりも1mm薄くなる」という噂から横から見た時のレンダリング画像も作成している。

iphone7rumorsleaks1

もし薄型化に成功し、現行よりも1mm薄くなるとしたら、「iPhone 7」の厚さはカメラ部分を除いて6.1mmになる。6.1mmとなると「iPod touch」とほぼ同じ厚さとなることだろう。

今回の情報で一つ気になるのは、「SmartConnecter」が本体の背面に搭載されるということ。「iPad」シリーズなら「SmartKeyboard」などの外部アクセサリーを接続する機会もあると思うが、iPhoneでSmartConnecterを搭載する必要性はそこまで感じられない。

「SmartConnecter」は、デバイス自体に給電をすることができるので、背面にセットするバッテリーケースが登場するかもしれないが、背面に端子が露出して配置されるのはデザイン的に考えづらい。

今回公開された画像もテスト用実機の可能性が高い。本当に搭載されるかはまだまだ分からないが、今後も「SmartConnecter」が搭載されたリーク画像が多く出てくることになると思うので、今後の情報に注目しよう!

[ via MacRumors ]

iphone7rumorsleaks4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう