「iPhone 7」はバッテリー駆動時間が長くなる? さらなる薄型化とバッテリー容量が増加か

「iPhone」などのスマートフォンの最大の問題点はバッテリー持ち。「iPhone」もそうだが、ほとんどのスマートフォンは普通に使っていれば1日~2日ほどでバッテリーが底をついてしまう。

毎回、新型の「iPhone」が登場する頃には、バッテリーの駆動時間が伸びることが予想されているが、大幅にバッテリーライフが改善したことは少ない。

どうにかしてバッテリー駆動時間は伸ばしてほしいところなのだが、「iPhone 7」は搭載するバッテリーの容量が増える可能性があるとのことなので詳しくお伝えしようと思う。

やはり「iPhone 7」はより薄くなる模様?

iphone7concept3

ZOL新聞中心によると、今年の秋に発売される予定の「iPhone 7」はより薄型化され、バッテリー容量が増量されるかもしれないと伝えている。

噂では昨年末ごろから、次世代「iPhone」はイヤフォン端子が廃止されることで薄型化が図られるとされているが、ZOL新聞中心によると、AppleはASM(アンテナスイッチモジュール)をRF(Radio Frequency)チップに統合したものを採用し、部品点数を少なくすることでより大きいバッテリーを入れるスペースを確保する可能性があることを指摘している。

iPhone-7-1

「iPhone 7」に搭載される新しいモジュールは、同時に複数の電波をサポートする上に信号ロスも低減されるとのこと。これらを採用することで、「iPhone 7」はより一層の薄型化を実現することができるという。

ASMとは、主にGSMを利用するスマホに搭載されるモジュールなのだが、利用する電波の切り替えや送受信のために用いられる部品。

上記のリーク情報がどれほど信ぴょう性があるのかについては現段階では分からないが、今までの情報を加味すると、やはり「iPhone 7」はより薄型化されると思われる。

僕個人としては薄型化よりもバッテリー駆動時間を長くしてほしいと思うのだが、そちらも同時に実現してもらえたらいいな。

[ via WCCF TECH ]

iphone7concept0216
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう