2017年に発売される「iPhone」は「iPhone 7s」ではなく、「iPhone 8」に? ワイヤレス充電やホームボタンが廃止される?

2016年に発売される「iPhone」が「iPhone 7」であれば、来年の2017年に発売になる「iPhone」は例年のナンバリング的には「iPhone 7s」になるはず…なのだが、今後の「iPhone」はナンバリングが変化する可能性が浮上してきた。

BarclaysのアナリストであるMark Moskowitz氏は、2017年に発売される「iPhone」の名前は「iPhone 7s」ではなく、ナンバリングを一つすっ飛ばし、大型アップデートが行われた「iPhone 8」になるようだと伝えている。

2017年に発売の「iPhone」は「iPhone 7s」ではなく「iPhone 8」に?

iPhone-7-concept-001

近年、Appleは2年に一度の間隔で「iPhone」のメジャーアップデートを行ってきた。

だが、メジャーアップデートにあたる今年に発売される「iPhone 7」は、最近の噂によるとヘッドフォン端子が廃止されると言われ、薄さを含めた外観については大きな変更点はないようだと伝えられており、「iPhone 7」ではそこまで大きな進化が望めないと言われている。

そのため「iPhone」のメジャーアップデートは今年発売の「iPhone 7」でなく、来年発売の「iPhone 7s」になると言われていたが、どうやらその線はかなり濃厚で、今回の情報によるとナンバリングも「iPhone 7s」ではなく「iPhone 8」になる可能性があるとのこと。

iphone7concept0216

2017年に発売となる「iPhone 8」は本体デザインが新しくなるだけでなく、ホームボタンの廃止や、有機ELディスプレイの採用などハードウェア面で大きな進化が行われるという。

ホームボタンの廃止については、Appleはディスプレイ内部に「Touch ID」を埋め込む特許をすでに取得しており、近い将来に同技術が取り入れられる可能性がある。これが実現すればホームボタンというものは今後必要なくなるはずだ。

有機ELディスプレイに関しては、Appleに同部品を供給するメーカー選定が進められており、現段階では来年から供給が始まるようだ。また、筐体素材についてもメタル製からガラス製に変更されると言われていたりと、すでに大型アップデートが行われそうな雰囲気がヒシヒシと伝わってきているほど。

Appleが2017年発売の「iPhone」にどう名付けるかは分からないが、もし2017年に「iPhone 8」が登場するなら、今後のナンバリングがどう変化するかは非常に気になるところだ。

現時点で有力な情報としては、2016年に発売される「iPhone 7」はヘッドフォン端子が廃止され、「Smart Connecter」や「デュアルレンズカメラ」が搭載される。また、2018年に発売される「iPhone 8」は「有機ELディスプレイ」や「ワイヤレス充電」に対応すると言われている。

[ via MacRumors ]

iPhone-7-concept-001
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう