「iPhone 7」は金属製ボディを継続採用で、厚さは1mmほど薄くなる方針

Appleは3月に新製品発表イベントを開催し、新型の4インチ型「iPhone」を発表する見込みで、世間の注目は目前の新製品に向いている。新製品について盛り上がるのも大事だが、フラッグシップモデルである「iPhone 7」のことは決して忘れてはいけない。

今年の秋に発売が予定されている新型iPhone、「iPhone 7」のボディの素材やアンテナラインの有無などに関する最新の情報が判明したので詳しくお伝えする!

アンテナラインやヘッドフォンジャックは廃止され、厚さが1mm薄くなる

Macお宝鑑定団Blogによると、次期「iPhone」である「iPhone 7」の筐体部分は引き続き金属製ボディを採用し、幅や高さは変わらず、厚みが1mm薄くなるようだと伝えている。

また「iPhone 7」は、「iPhone 6 / 6s」シリーズの背面にあったようなアンテナライン(通称:Dライン)がなくなっており、噂通りヘッドフォンジャックが廃止されるとのこと。

iphone_7_render

これまでiPhoneが搭載し続けてきたヘッドフォンジャックは、本体の薄型化への最大の障害とされており、Appleはさらなる薄型化のためにヘッドフォンジャックを廃止するという噂が飛び交っているが、やはり廃止するという路線に変わりはなさそうだ。

他にも、残念ながら「iPhone 7」は完全防水とはいかず、防滴レベルに留まるとの情報や、本体に搭載されるスピーカーがモノラルのものからステレオスピーカーに変更される可能性があること、背面のiSightカメラについては本体とレンズカバーが一体化したものが採用されるなどの情報もあるようだ。

これらの情報から言えることは、やはり「iPhone 7」はヘッドフォンジャックを廃止してより薄型化を目指す方針であるということ。そして、見た目は大きく変わらなさそうだがカメラの出っ張りやDラインがなくなったり、スピーカーがステレオになったりとデザインや仕様が着実にレベルアップするということだ。

iphone-dual-camera

一部の噂では「iPhone 7 Plus」のみがデュアルレンズカメラを搭載するとされているが、今回の情報ではそれに関しては現時点で不明であるとのことで、注目の新機能が搭載されるかについては相変わらず不明なままだ。

少しずつ漏れ伝わって来ている「iPhone 7」だが、まだまだ全貌が明らかになっていない。今後の情報に注目だ。

[ via Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] ]

iphone_7_render
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう