「iPhone 7s」でワイヤレス充電が実現? 小さな充電チップで4m離れた位置から充電可能に

iPhone 7s」か「iPhone 8」ではいよいよワイヤレス充電機能が搭載されるかもしれない。しかもたった1枚の充電チップで。

BGRは、AppleはEnergousと提携して「iPhone」などの端末に無線充電テクノロジーを導入し、ワイヤレス充電を可能にする可能性があると伝えている。

15インチ(約4.57m)離れた位置から充電が可能

wattup

BGRの報道によれば、AppleはEnergousというベンチャー企業と独占で提携し、ワイヤレス充電技術「WattUp」をiPhoneなどの端末に導入するかもしれないとのことだ。

この「WattUp」という技術はまさにワイヤレス時代に相応しいもので、無線充電ステーションから約15フィート(約4.57m)の範囲であればワイヤレス給電が可能になるというものだ。

デバイス内に埋め込んだチップにワイヤレス送電することで、ユーザーは何をすることもなくデバイスは充電される仕組みになるという。

現在Appleが試みているiPhoneの薄型化も、「iPhone 7」からはイヤフォン端子が廃止されることで実現すると言われているが、ワイヤレス充電が可能になれば充電端子の「Lightning端子」も不要なものになるはずだ。

つまりワイヤレス充電の導入が実現すると、すべての端子が廃止され、より薄型化した「iPhone」が誕生する可能性が大いにあるということだ。

Energousは早くて2016年後半から2017年の初めにはこの技術を商業化できるとしており、この時期から考えると、Appleがこの技術を導入するなら、おそらく「iPhone 7s」か「iPhone 8」の頃になると推察されるとのこと。

WattUpテクノロジーに関しては、分かりやすいデモ動画が公開されているのでこちらをご覧ください。

安全性は公的機関による保証済み

ワイヤレス充電の便利さについては誰もが分かると思うのだが、もしかするとユーザーの中には電気が電波に乗って空気中を飛ぶと聞くと安全性を疑う人もいると思う。だが、そちらに関しては安心してもらいたい。

iphone-6s-plus

このワイヤレス技術「WattUp」は、2014年にFCC(米国連邦通信委員会)のテストを通過しており、人体への影響がないことが確認されている。

さらに今後は現行の4.57mから15mに伸ばす研究もなされているという話もあり、一般の家庭であればほとんどの部屋で充電を行うことができるようになる可能性がある。

 

AppleやEnergousの両社はどちらも提携についてコメントしておらず、どこまで研究が進んでいるのか不明なところもあるが、もし両社が技術的提携をしているとしたら、出来るだけ早くiPhoneなどへの搭載をお願いしたい。

訂正: 記事内の単位ですが、15インチではなく正確には15フィートの間違いでしたので訂正させていただきました。指摘してくださった方ありがとうございます!

[ via BGR ]

wattup
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう