Apple、2017年発売の「iPhone」のために有機ELディスプレイを量産か

今年の秋に発売となる「iPhone 7」シリーズよりも、注目はやはり2017年に発売の「iPhone 8」。噂では来年発売の「iPhone 8」は、現行モデルとは大きく異なるデザインが採用され、多くの新機能が搭載されるとされている。

その中でも一つ注目されているのは「有機ELディスプレイの搭載」で、有機ELディスプレイは端末の薄型化や省電力化に役立つと言われいるのだが、Bloombergによると、Appleは「iPhone 8」用の有機ELディスプレイの生産を本格化することを計画しているようだ。

「iPhone 8」のディスプレイは、やはり有機ELディスプレイになる?

Bloombergは、2017年に発売となる「iPhone 8 (仮称)」には有機ELディスプレイが採用され、Appleは現在、同ディスプレイパネルの量産の準備を行っていると報じている。

iphone7plusconcept8

同メディアによると、Appleのサプライチェーンの一つである米企業のApplied Materials(ディスプレイメーカーに対して部品の供給を行う企業)は2016年第2四半期の決算を発表し、総額7億ドル(約7700億円)の大型受注を獲得したことを明かしている。

同企業の前年度の受注総額が、約1億8000万(約198億円)ドル程度で大きく受注額が伸びていることから、Appleが有機ELディスプレイの生産を本格化させる大型投資を敢行したためではないかと指摘されている。

ちなみに先日、Appleにディスプレイの供給を行うサプライチェーンのシャープやLG、Samsungなどもディスプレイ製造の予算を大幅に増額させており、iPhone向け有機ELディスプレイの製造が本格化する動きが確認されている。

iPhone-iPad

前述したとおり、「有機ELディスプレイ」はスマホの薄型化や省電力化を実現でき、また従来ディスプレイに比べてディスプレイの色合いがハッキリと映し出されることから、iPhoneユーザーからは同技術の搭載が期待されている。

出来れば少しでも早く、有機ELディスプレイを搭載した「iPhone」を使ってみたいところなのだが、残念ながらアナリストたちによると、今年発売になる「iPhone 7」には有機ELディスプレイは搭載されないとのこと。

iphone-dual-camera

今年発売になる「iPhone 7」シリーズは、現行モデルの「iPhone 6s / 6s Plus」とほぼ同じデザイン、機能を持った端末になると言われている。変更点があるとすれば「iPhone 7 Plus」にデュアルレンズカメラが搭載するという点と、背面部分のアンテナラインが廃止されるというくらい。

対する「iPhone 8」は、ガラス製の筐体が採用され、有機ELディスプレイの搭載物理式ホームボタンが廃止されるなどビックな仕様変更が行われる模様。これらの情報が正しいならば、残念ながら今回は「iPhone 8」に期待するしかないだろう。

[ via 9to5Mac ]

iphone7plusconcept8
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう