新型iPhone SEは今日発表か 名称は 「iPhone SE」 になる模様:9to5Mac独占情報

これまで長らく噂されてきた 「iPhone SE 2」 もしくは 「iPhone 9」 。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で発売が遅れていると報じられているが、本日いよいよ発表の時を迎えるのかもしれない。

現地時間4月2日、海外のApple系メディア9to5Macが独自情報として伝えた情報によれば、Appleは新型iPhone SEを現地時間4月3日に発表するとのことだ。

新型 「iPhone SE」 が4月3日に発売か

9to5Macの伝えた情報をさらに深掘りする。まずは名称についてだが、これまで 「iPhone 9」 もしくは 「iPhone SE 2」 として呼ばれてきた同モデルは 「iPhone SE」 として販売されるとのこと。カラーラインナップはホワイト、ブラック、PRODUCT(RED)の3色になる予定で、ストレージ容量は64GB、128GB、256GBの3種類のラインナップになるという。

さらに同モデルの発売と同時に、Appleは純正ケースを発売する見通し。シリコーンケースとレザーケースの2種類が用意され、シリコーンケースはホワイトとブラックの2モデル、レザーケースはレッド、ブラック、ミッドナイトブルーの3モデルが存在するとみられる。

価格については情報はないものの、一部のアナリストから399ドル(約4万円)~となるという情報がある。

ちなみに、この情報を受けて4月15日の発表と予測していたリーカーJon Prosser氏は上記ツイートをしている。彼は9to5Macの言う情報については何も聞いておらず、現時点ではまだ4月15日の発表であると予想しているようだ。新鋭のリーカーの情報が正しいのか、それとも古豪の9to5Macの情報が正しいのか、その答えは今日の夜あたりにはわかるのではないだろうか。

新型 「iPhone SE」 はiPhone 8をベースにしたエントリーモデルになる予定。4.7インチの画面を搭載し、本体下部にはホームボタンが搭載。ホームボタンには指紋認証センサー 「Touch ID」 が内蔵されているという。ホームボタンは物理式のものではなくソリッドステートタイプで、ホームボタンを押すとTapticエンジンによって振動が得られ、ユーザーはホームボタンを押したように錯覚する従来のホームボタンの仕様をそのまま引き継ぐ形となる。

搭載プロセッサはA13 Bionicで、iPhone 11シリーズに搭載されているものと同じ。A13 Bionicは非常に性能の高いことで知られるAppleの最新プロセッサなので、ゲームやブラウザなどほとんどの作業を快適にこなすことができるだろう。

関連記事
iPhone 9(iPhone SE 2)は4月15日に発表、4月22日に発売か
iPhone 9は今週中に発表か?サードパーティのケースが4月5日に発売

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。