iPhone SE 2はアンテナ設計が改善へ 2020年初頭には部品の生産開始

iphonese

Appleは2020年春に新型iPhone SEこと 「iPhone SE 2」 を発売する計画だが、その計画はかなり順調に進んでいるようだ。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が投資家向けレポートの中で、「iPhone SE 2」 に関する新しい情報を提供。iPhone SE 2には新しいアンテナ設計が採用され、そのアンテナは早くて2020年の初頭には量産体制に入る予定だという。

iPhone SE 2は2020年初頭に部品の生産開始へ

Kuo氏によれば、「iPhone SE 2」 は来年初頭には量産が開始される予定で、ワイヤレス通信の性能を改善するため、液晶ポリマー (LCP) を使用したアンテナコンポーネントを搭載するとのこと。このコンポーネントはCareer Technologiesと村田製作所が生産を行う。iPhoneの組み立て自体はいつスタートするのかは不明だが、iPhone SE 2はiPhone 8シリーズをベースにしたものになると予想されているため、本格的な量産開始までにはさほど時間がかからない可能性がある。

「iPhone SE 2」 については既に各所で報じられているとおり4.7インチ型iPhoneの後継機種で、廉価版iPhoneとして販売される可能性が高い。価格は初代iPhoneよりも少し高い399ドル。iPhone SEは349ドルだったため、5,000円程度高くなる見込み。3D Touchを搭載しないなど各所で価格を抑える工夫がなされていると予想される。

一方でプロセッサはiPhone 11シリーズと同じ 「A13」 プロセッサを搭載する見込みで、性能的には最新フラグシップ型のiPhoneとほぼ同じものになるとみられる。

ちなみにKuo氏は以前のレポートで、iPhone SEのストレージ容量とカラーラインナップについて伝えている。それによるとストレージ容量は64GBと128GBの2種類で、カラーはスペースグレイ・シルバー・レッドの3色になるが、レッドに関しては(PRODUCT)REDモデルになるかどうかはわかっていない。

関連記事
iPhone SE 2は2020年第1四半期に発売か iPhone 8と同じデザインでA13プロセッサが搭載
iPhone SEの後継機が2020年春に発売か、日経報じる

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-27)
売り上げランキング: 222
Powerbeats Pro 完全ワイヤレスイヤホン - ブラック
beats by dr.dre (2019-07-19)
売り上げランキング: 1,439

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。