「iPhone SE 2」は6月15日に発売か、仏広告会社の資料から流出

「iPhone SE 2(仮称)」は6月15日に発売か。これまで多数のリーク情報を提供してきた海外著名リーカーBen Geskin氏が、同新型モデルに関する情報を投稿している。

Geskin氏は1日、大手ケースメーカーからの情報から、次期iPhone SEには「iPhone X」スタイルの画面が搭載されることが確認できたと伝えた。iPhone Xの特徴は画面上部に「ノッチ」と呼ばれる切り欠きが存在するのが最大の特徴。つまり、次期iPhone SEも「ベゼルレス」仕様になる可能性が高いということだ。

また、Benjamin Geskin氏は同投稿の15分後に、今度は仏広告会社JCDecauxから流出した画像を公開している。この資料を見ると、携帯電話会社の「iPhone SE 2」の月々の利用料に関する情報が掲載されており、さらに「6月15日」という日付が書かれていることから、同日に発売(もしくは予約開始)することが予想される。

この画像の右上に「BUS.STOP」と書かれており、バス停広告に使用されるものであることが想定されるが、よく見ると「iPhone SE 2」を購入することで「AirPower」が無料で手に入るという記載も見受けられる。

「AirPower」は、Appleが昨年9月に発表した純正ワイヤレス充電器。発表から早くも約9ヶ月ほど経過したが、いよいよWWDC後に発売することになるのかもしれない。

今月4日から、Appleは開発者向けイベント「WWDC 2018」を開催するが、かねてから同イベントではいくつかの新型ハードが発表されると噂されてきた。だが、本日未明にBloombergの報道で新型ハードは登場しないと報じられたばかり。

しかし、この「新型ハード」は主に新型MacBook Proや新型iPad Proを指していたため、もしかすると次期iPhone SEは含まれていない可能性も。果たして新型iPhone SEは発表されるのだろうか。再度、Appleの新製品に関する注目が集まる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。