「iPhone SE 2」 の部品出荷に遅れ。発売は4月以降に延期か

本格的な生産前の最終検証段階に入り、いよいよ発売までのカウントダウンが始まったかと思われていた 「iPhone SE 2 (iPhone 9)」 だが、COVID-19(新型コロナウイルス) の影響で発売時期が来月以降に伸びてしまう可能性が出てきた。

台湾メディアDigiTimesは5日、プリント基板メーカーからの情報をもとに、iPhone SE 2の発売が2020年第2四半期(4月〜6月)に延期される可能性について報じた。

部品の出荷に遅れが発生中、発売は4月以降に

DigiTimesによると、COVID-19(新型コロナウイルス)の影響で、iPhone SE 2 (iPhone 9) に使用される部品の生産に遅れが発生しているとのこと。この部品は当初2020年第1四半期までに納品される予定だったそうだが、生産の遅れで2020年第2四半期に納入時期がずれ込む予定となったという。

一部の部品の生産が遅れるということは、iPhoneの生産も後ろ倒しになるということ。もしこの情報が事実であれば、当然ながらiPhone SE 2(iPhone 9)の発売も2020年第2四半期(4月~6月)以降にズレることになる。

リーク情報に関する信頼性が最近イマイチなDigiTimesからの情報ではあるものの、同メディアはサプライヤーからの情報に強みを持つこともあり、今回の情報の信頼性は普段よりは高そうだ。

ちなみにDigiTimesは同日、iPhoneの製造工場の生産能力はCOVID-19(新型コロナウイルス)の影響で依然として十分に回復していないと報じていた。生産能力が戻るには2020年第2四半期(4月~6月)までかかる見通しで、もし当初の予定どおりAppleが2020年3月にiPhone SE 2を発売したとしても、当面は供給量が限られる可能性があるだろう。

「iPhone SE 2 (iPhone 9)」 は、「iPhone 8」 をベースに開発し、低価格であることが最大の特徴となる。ホームボタンを搭載し、Touch IDが利用可能。さらに 「A13 Bionic」 プロセッサを搭載するため、現行のiPhone 11シリーズと同じくらいの処理性能をもつとされる。価格は399ドルからで、日本では4万円台で販売されるものとみられる。

関連記事
「iPhone SE 2」 生産がまもなく開始か。最終検証段階との報道
iPhone SE 2 (iPhone 9)、コロナウイルス影響で生産開始が3月中に遅延?

[ via 9to5Mac ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。