「iPhone SE 2」のノッチは小型化?著名リーカーが「iPhone X」の液晶保護フィルムと比較

これまで多数のリーク情報を提供してきたSonny Dickson氏が、「iPhone SE 2」に関する新たな情報を提供した。今度は、同モデル用に作られた液晶保護フィルム、「iPhone X」のものと並べて比較している。

こちらが公開された画像。次期iPhone SEは、iPhone Xのようなベゼルレス仕様で、画面上部には「ノッチ」と呼ばれる切り欠きが用意されると噂だ。

これを裏付けるのが今回の画像。ただし、iPhone SE 2 用に作られたものは「ノッチ」が小さめに作られていることがわかる。しかも「少し小さめ」ではなく「かなり小さめ」だ。

この画像が本物かどうかは不明だが、もし仮に本当だとしたら「iPhone SE」のノッチは極小化されることになる。

なぜこれほどまでに小さくなっているのだろうか。その理由については依然として謎に包まれたままだが、思い起こせば「iPhone X」の発売時に一部のユーザーから「ノッチ」デザインに対する批判があったことから、Appleは小型ノッチを開発していると噂されていた。その結果、小型化に成功したのかもしれない。重ねて言うが、あくまで今回の画像が本物であったならの話だ。

ちなみに、Appleは今月4日に「WWDC 2018」を開催するが、同イベントで複数の新型ハードを用意しているとかねてから噂されていた。ただし、Bloombergの記者で、かの有名なMark Gurman氏は今月1日、「新型ハードの存在は確認できず、登場するなら2018年秋になる」と報じた。

しかしながら、その数時間後には著名リーカーBen Geskin氏が仏広告企業の資料から、「iPhone SE 2」が近々発売するという情報を入手している。果たして、Appleは新型ハードを用意しているのか、「iPhone SE 2」はどのような端末になっているのか。ビッグイベントを前に情報が錯綜し始めている。

ちなみに、著名リーカーのひとりであるSteve Hemmerstoffer氏も同様にiPhone SE 2 用に作られたものとみられる液晶保護フィルムの画像を公開した。

あくまでサードパーティメーカーが流出したCADデータなどを基に独自で作っているだけの可能性が高く、同氏も本当に「iPhone SE 2」のものであるとは断言できないとしているが、これまでの情報量から考えて、少なくとも次期iPhone SEに「ノッチ」が搭載されるのは間違いなさそうだ。

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。