iPhone SE 2は1月に量産スタート、3月末に発売予定 著名アナリストが伝える

次期iPhone SEこと 「iPhone SE 2 (仮称)」 は2020年春に発売と報じられているが、同製品は3月の発売に向けて1月にも量産が開始される予定であることがわかった。TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が投資家向けレポート内で伝えた。

iPhone SE 2は来年1月に量産開始、3月に発売へ

Kuo氏曰く、iPhone SE 2は2020年1月に量産が開始される予定であるとのこと。発売は2020年3月と予想しており、AppleのiPhone SE 2の発売計画は順調に進捗しているようだ。

これまでのKuo氏の情報などから、iPhone SE 2は以下の特徴を持っていることが判明している。

  • iPhone 8をベースに開発
  • 画面サイズは4.7インチ
  • 画面は液晶
  • A13プロセッサを搭載
  • RAM容量は3GB
  • 64GB/128GBのストレージ容量
  • ホームボタンが存在
  • 3D Touchは搭載されず
  • カラーラインナップはスペースグレイ・シルバー・レッドの3色
  • アンテナ設計が変更に
  • 価格は399ドルから(4万円台)

Ming-Chi Kuo氏は、これらの性能や現在の市場の需要を踏まえて、iPhone SE 2は月間で200~400万台が販売されることを予測している。iPhone 11シリーズが比較的好調であることを考えると、Appleの株価にはiPhone SE 2はポジティブな影響を与える可能性がありそうだ。

iphonese

ちなみに初代iPhone SEは、2016年3月31日に発売した。発表は同月21日で、予約受付は3月24日に開始された。iPhone 5sのデザインを引き継ぎ、4インチの画面を搭載したコンパクトサイズのiPhoneであることが好評で、いまもiPhone SEの後継機種については多くのユーザーが期待している。

ただし、来年発売のiPhone SE 2は4.7インチの画面を搭載するとの情報。4インチの画面を搭載したコンパクトiPhoneが好きな層からは反発の声も上がりそうな予感だ。

関連記事
iPhone SE 2はアンテナ設計が改善へ 2020年初頭には部品の生産開始
iPhone SE 2は2020年第1四半期に発売か iPhone 8と同じデザインでA13プロセッサが搭載

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。