「iPhone SE」後継機は2018年5~6月に発売か DigiTimesが報じる

「iPhone SE」の次世代モデル「iPhone SE 2(仮)」は、今年5~6月に発売か。現地時間26日、台湾メディアのDigiTimesが報じている。

DigiTimes ReserchのシニアアナリストであるLuke Lin氏によると、「iPhone SE 2」は3D Touchには対応しないものの、最新モデルの「iPhone X」や「iPhone 8 / 8 Plus」と同様に、背面がガラス製になりワイヤレス充電に対応するとのこと。

また、2018年第2四半期に量産が開始され、5月~6月頃に発売されるとみられているという。

もし「iPhone SE 2」がワイヤレス充電に対応した場合、現時点でAppleが販売しているiPhoneは、すべての端末でワイヤレス充電機能が搭載されることになる。

ただし、ワイヤレス充電機能のための新しい部品や背面のガラスパネルなどを搭載することによって、端末の製造コストが上昇する可能性が出てきた。「iPhone SE」は安価であることが製品の魅力の一つとなっているが、次世代モデルの価格はどの程度になるのか、気になるところだ。

ちなみに、Lin氏はAppleの2018年秋に発売される予定の新型iPhoneのラインナップについても言及している。

Lin氏の予想では、5.7~5.8インチの液晶と6.0~6.1インチの液晶を搭載したiPhoneがそれぞれ1モデルずつ登場し、有機ELディスプレイを搭載したモデルが1モデルだけ登場するとのこと。

しかし、この意見は、Appleの情報に詳しいKGI Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏の意見とは異なる内容になっているため、信ぴょう性については疑問が残るところとなっている。

[ via iDownloadBlog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。