iPhone SE 2 (iPhone 9)、コロナウイルス影響で生産開始が3月中に遅延?

Appleは3月、低価格の新型iPhone 「iPhone SE 2 (iPhone 9)」 を発売すると噂されているが、同モデルの発売はもう少し後になるかもしれない。

Nikkei Asian Reviewによると、世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響を受け、iPhone SE 2の生産に遅れが生じているとのこと。

iPhone SE 2の生産開始が3月中にずれ込む見通し

iPhone SE 2については、本来であれば2月に中国のサプライヤーが生産を開始する予定だったが、複数の情報筋によると計画通りの生産は難しく、生産開始が3月中にずれ込む可能性があるという。

さらに別の情報筋によると、iPhoneのサプライヤーの工場は現在、本来の生産能力の30~50%ほどで稼働中であるという。労働力不足や物流の停滞により、iPhoneの供給不足は4月まで続く可能性が高いようだ。

iPhone SE 2の生産については、米メディアBloombergは新型コロナウイルスの影響は少ないとし、予定通り3月に発売できる見通しだと伝えていた。しかし今回のNikkei Asian Reviewの情報を踏まえるなら、やはり新型コロナウイルスの影響は予想以上に大きくなっているようで、iPhone SE 2の発売は遅れる可能性が高そうだ。

関連記事
iPhone SE 2は3月発売。新型iPad Proは2020年前半に発売へ
「iPhone SE 2」 は2020年前半に発売。背面カメラに7枚構成レンズは搭載されず

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。