iPhone SE(第2世代)のRAM容量は3GB 中国キャリアが明記

現地時間4月16日に発表された 「iPhone SE(第2世代)」 のRAM容量が3GBであることがわかった。中国のキャリアChina Telecomが、同モデルのRAM(メモリ)容量およびバッテリー容量について明記している。

「iPhone SE(第2世代)」 のRAM容量は3GB

China Telecomに記載されている情報によれば、iPhone SE(第2世代)のメモリ容量は3GB。

この情報が正しいのかどうかについてはiFixitの分解レポートやベンチマークスコアの公開などを待ちたいところだが、参考までに開発のベースとなったiPhone 8に搭載されていたメモリは2GB、その大型モデルiPhone 8 Plusに搭載されていたメモリ容量は3GBだった。また、昨年秋に発売した最新モデル 「iPhone 11」 シリーズは4GBのメモリ容量を搭載していた。

端末名 RAM容量
iPhone 8 2GB
iPhone 8 Plus 3GB
iPhone SE(第2世代) 3GB?
iPhone 11 4GB
iPhone 11 Pro 4GB
iPhone 11 Pro Max 4GB

メモリ容量が大きくなることで高画質の3Dゲームや高解像度の動画を視聴する際、もしくは写真編集の際の処理が高速化する可能性がある。さすがにiPhone 11シリーズと同じ4GBのメモリを搭載することはなかったが、それはバッテリー消費を抑える狙いがあったのかも。いずれにしても4万円台で 「iPhone SE(第2世代)」 の性能を実現できたことは十分に評価できるのではないだろうか。

ちなみにChina Telecomは 「iPhone SE(第2世代)」 のバッテリー容量についても記載している。バッテリー容量は1,821mAhで、これはiPhone 8とまったく同じ容量となる。

関連記事
新型 「iPhone SE(第2世代)」 が正式発表 スペック・発売日・価格まとめ
iPhone SE(第2世代)とiPhone 8/8 Plusを比較してみた。買い替えはあり?なし?

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。