iPhone SE 3、2022年前半登場の噂ふたたび。A14プロセッサ搭載、5G対応との情報

Appleは近い将来、新型iPhone SEを発売する計画があると報じられている。同モデルの登場時期についてはさまざまな噂があるが、現地時間19日、DigiTimesは現在最も濃厚とされている 「2022年前半」 に登場すると報じている。

A14 Bionic搭載で5G対応の次期iPhone SEが2022年前半に登場か

DigiTimesによると、新型iPhone SEはこれまで同様に4.7インチのディスプレイが搭載されるとのこと。この情報から、おそらくホームボタンを搭載した現行モデルのマイナーアップデートになるものと予想される。

A14 Bionicプロセッサを内蔵し、5Gにも対応するとのことだ。

この情報は、すでに一部の著名アナリストや海外メディアが報じているものと同じ内容になっており、その中には著名アナリストMing-Chi Kuo氏がいることから、新型iPhone SEに関する一連の情報はかなり信憑性が高くなっていると言えるだろう。

毎年春になると新型モデルの投入が噂されるが、ついに来年に新型モデルが登場することになるのだろうか。

(via MacRumors)

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。