iPhone SE(第3世代)のベンチマークスコアが判明。先代モデルから約30%向上

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

今月18日に発売を控えている 「iPhone SE (第3世代)」 のベンチマークスコアが明らかになった。

ベンチマークソフト 「Geekbench」 のサイトに、「iPhone SE (第3世代)」 のベンチマークテスト結果が投稿されていると米Apple系メディアMacRumorsが伝えている。

iPhone SE (第3世代) のベンチマークテスト結果が判明か

「iPhone SE (第3世代)」 に搭載されているSoCは、「A15 Bionic」 。5nmプロセスを採用し、省電力コア4個と高性能コア2個の全6コアで構成されたプロセッサで、昨秋に発売したフラグシップモデル 「iPhone 13」 シリーズにも搭載された高性能チップだ。

今回発見されたベンチマークテスト結果では、シングルコアスコアが1695、マルチコアスコアが4021。これはiPhone 13シリーズに搭載されたA15 Bionicプロセッサよりもすこし低めの数値となっているものの、先代のiPhone SE(第2世代)に搭載されていたA13 Bionicからは30%程度、処理性能が向上していることになる。

ベンチマークスコア比較
  iPhone SE (第2世代) iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone SE (第3世代) iPhone 13 iPhone 13 Pro
発売日 2020年4月 2020年10月 2020年10月 2022年3月 2021年9月 2021年9月
プロセッサ A13 Bionic A14 Bionic A14 Bionic A15 Bionic A15 Bionic A15 Bionic
シングルコア 1328 1586 1590 1695 1756 1725
マルチコア 3334 3844 3984 4021 4675 4720
RAM 3GB 4GB 6GB 4GB 4GB 6GB

なお、同ベンチマークテスト結果からは 「iPhone SE (第3世代)」 のRAM容量が明らかになっている。昨日、内蔵されたRAMの容量は4GBであることが明らかになっていたが、それは正しかったようだ。

▶︎ iPhone SE (第3世代) の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

iPhone SE (第3世代) の特徴

「iPhone SE (第3世代)」 は、2020年4月に発売した 「iPhone SE (第2世代)」 の後継モデルにあたる製品。

本体デザインは従来モデルとほとんど変わらず、4.7インチディスプレイとTouch ID内蔵ホームボタンが引き続き搭載されている。iPhone 13シリーズと同じガラスが前面・背面に使用されることで耐久性能も向上している。

内蔵チップはA15 Bionic。iPhone 8シリーズに比べてCPU性能1.8倍、GPU性能2.2倍に向上した。さらに電力効率が上がったことでバッテリーの駆動時間も伸びているという。

ネットワークは5G通信をサポート。背面カメラは1200万画素でスマートHDR 4に対応した。防水・防塵仕様はIP67等級。カラーラインナップはミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの全3色。

iPhone SE (第3世代) は3月18日(金)に発売予定。予約受付は3月11日(金)午後10時から開始される。

関連記事
iPhone SE(第3世代) が正式発表。新機能/発売日/価格まとめ、予約開始は3月11日(金)午後10時から

▶︎ iPhone SE (第3世代) の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。