次期「iPhone X」に登場すると噂のゴールドモデル、コンセプト画像が制作される

以前から、Appleは「iPhone X」に新カラーモデルを投入する可能性が高いと囁かれていたが、Bloombergによると、その正体は「ゴールド」モデルであるとのこと。

ただし生産上の理由によって、投入は当初予想の2018年春から遅れて2018年秋に。そのため、現行「iPhone X」ではなく、次期iPhoneでゴールドモデルが追加されるという。

気になる噂の金色「iPhone X」、もし実際に登場するなら、いったいどのような雰囲気になるのだろうか。

海外では、早くも「iPhone X」のゴールドモデルのコンセプト画像が制作されている。制作したのは、高画質なレンダリング画像を制作することで有名なMartin Hajek氏。以下で詳しく紹介しよう。

「iPhone X」のゴールドモデルは2018年秋に登場予定?

Martin Hajek氏は、「iPhone X」のゴールドモデルを複数パターン予想している。

まずは、背面パネルから側面までが全て金一色になる、従来型ゴールドモデルと同じパターン。最新iPhoneの一つである「iPhone 8」シリーズにもゴールドモデルは存在するが、それよりも濃いゴールドになると予想。見た目がとてもゴージャス。

そのほかにもHajek氏は、背面がブラックで、側面とAppleのロゴなどの一部分のみがゴールドになるシックなデザインや、背面が白で側面がゴールドになるエレガントなiPhoneも予想している。

もちろん、そもそも本当に今秋にゴールドモデルが登場するのかは不明。もし登場したとしても、今回のコンセプト画像通りになるかどうかも分からない。

ただ、今回のコンセプト画像を見ると、現行の「シルバー」「スペースグレイ」もカッコいいが、「ゴールド」モデルも人気がありそう。少なくとも、これまでゴールドモデルを愛用してきたユーザーにとっては、魅力的に映るのではないだろうか。

今年、Appleは3種類の新型iPhoneを発表すると噂されている。そのうちの2種類は、「iPhone X」のマイナーアップデートモデルと、その大型モデル「iPhone X Plus(仮称)」。

これらのネクスト「iPhone X」は、2018年秋に登場する可能性が濃厚。現在出てきている情報は、以下の記事でまとめているので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。

[ via Cult of Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。