2018年4月から全新規アプリは「iPhone X」の画面対応が必須に 「iOS 11 SDK」による開発も必須化

Appleは、開発者向けに対し新しい方針を発表した。2018年4月以降に提出される新規アプリの全てが、「iPhone X」の画面をネイティブサポートしている必要があるとのことだ。

つまり、「iPhone X」のノッチ(切り欠き)に合ったUIを作る必要がある。これまでは必須化されていなかったが、今年の4月からは新規アプリについてのみ必須化されることに。ちなみに、既存アプリのアップデート時に関しては、まだ必須化は行われていない。

最近になってリリースされている新規アプリは、「iPhone X」に対応しているものがほとんどだ。徐々にだが、「iPhone X」を利用するユーザーが多くなってきたことから、最新端末に対応する必要性は日に日に増している。

ただし、やはり必須化されていないせいか、新規アプリの中でも「iPhone X」をネイティブサポートしていないものも一部存在する。Appleとしてはこの状況を放置するわけにはいかないだろう。

既存アプリについても「iPhone X」の画面に対応していないケースがまだまだ多い。ただし、こちらも今後アップデートの際などに「iPhone X」対応が求められる可能性があるため、アプリ開発者は早めに対応しておくのが吉と言えるだろう。

ちなみに、今年4月から全ての新規アプリは「iOS 11 SDK」で開発される必要がある。これに伴い、「Core ML」や「ARKit」など「iOS 11」で導入された主要機能を採用することが推奨されている。こちらも新規アプリの提出時の話で、アプリのアップデート時に関しては必須化されていないが、こちらも早めの対応を検討した方が良さそうだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。