ロボット掃除機 「ルンバ j7+」 「ルンバ j7」 2月10日発売。障害物を見分けて、避けて、掃除

2月2日、アイロボットジャパンは新型ロボット掃除機 「ルンバ j7+」 「ルンバ j7」 を発表。同月10日より全国のアイロボット認定販売店およびアイロボット公式オンラインストアにて販売開始する。

公式オンラインストアにおける販売価格は、それぞれ129,800円、99,800円(どちらも税込)。なお、「ルンバ j7+」 はゴミの収集機であるクリーンベースが付属したモデルになる。

ルンバ史上 最高の賢さの 「ルンバ j7+」 「ルンバ j7」 発売

「ルンバ j7+」 「ルンバ j7」 は、アイロボットがこれまで培ってきたロボット技術やAI機能を使って開発したルンバ史上 最高の賢さを誇る最新モデル。「PrecisionVision (プレシジョンビジョン) ナビゲーション」 という認識技術を搭載し、ロボット前面のカメラで目の前の障害物にリアルタイムに反応。特定の障害物を識別して、回避することが可能。回避できる障害物は、家電の電源ケーブルや靴やスリッパ、靴下、充電ステーション、ペットの排泄物となるが、回避できるアイテムは今後増えていくという。

回避した未清掃のエリアをお知らせする機能も搭載されており、掃除残しを防ぐことが可能。また、同技術によって従来では難しかった細い家具の脚なども検知可能になり、優しく接触して清掃することが可能になったとのこと。

さらに、「ルンバ j7+」 「ルンバ j7」 にはユーザーのフィードバックを受けて学習していくスマート機能が搭載されている。清掃中に障害物を見つけとき、清掃終了後アプリにその画像を表示。これらの障害物にどう対処すべきかを、アイロボットのクラウド上にユーザーが任意でフィードバック。世界中のユーザーがこれを行うことで、「ルンバ j7+」 「ルンバ j7」 が賢くなっていくという。

「ルンバ j7+」 に搭載されているクリーンベースは、従来の縦長から横長タイプへと一新。テーブルなどの下にもキレイに収まるように。また、クリーンベース内には予備の紙パックを入れておくスペースを確保。「滅多に交換しないだけにいざという時に交換用が見つからない」 というユーザーの意見を解決した。

そのほか、ペットオーナー向けの安心保証として、清掃中ペットの排泄物が付着してしまった場合、メーカー保証期間内1回に限り、無償で修理・交換等のサポートを行うとのこと。排泄物は犬または猫の固形の糞 (毛玉や吐しゃ物、液体は対象外) のみとなるが、ペットを飼育されている方は安心して使用できるのではないだろうか。

(画像:アイロボットジャパン)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。