【朗報】「iOS 9.3.1」でパスコ−ド入力を迂回できるバグが修正された模様

iOS9.0.1

先日、Safariやメールアプリなどでリンク先にアクセスできなかったり、フリーズやクラッシュを引き起こすという不具合を修正した「iOS 9.3.1」がリリースされたが、新たに「Siri」を利用することでパスコードを入力せずに連絡先や写真が閲覧できてしまうという不具合が発見されていた。

本日、Appleはその不具合を修正したことが明らかになったので詳細をお伝えする。

サーバー側で修正されたので、アップデートの必要性はなし

今回修正されたのは、「Siri」を利用することでパスコードを迂回し、連絡先や写真を閲覧できてしまう不具合だ。

iPhone 6s / 6s Plus」のロック画面で「Siri」を起動し、Twitterでメールアドレスの検索を行うと連絡先を表示させることができたり、「3D Touch」を利用することでパスコードを回避し内部の写真が閲覧可能になってしまっていた。

TouchID

今回Appleは上記のバグの修正を行ったことが明らかになっているわけだが、iOSのアップデートでの対応は行われていない。「Siri」のレスポンスに関しては、個々のOSではなくサーバー側の不具合ということなので、すでにAppleが修正済みで、ユーザー側でのアップデートは特に必要ないようだ。

現在は、Siriを使ってTwitterでメールアドレスの検索を行おうとするとパスコードを求められるようになったとのこと。

ちなみに今回のバグ修正では、Siriを使うことで「省電力モード」中に「Night Shift」モードをオンに出来るという小技も修正されてしまっている。あまり利用する機会は少ないように思うが、もしこの機能を重宝して人は残念!

[ via 9to5Mac ]

iOS9.0.1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう