「iTunes 12.4」でApple Musicのストリーミング再生時に不具合が発生中

itunes-logo

先月、正式版「OS X 10.11.5」とともに「iTunes 12.4」がリリースされ、その後複数の不具合を修正した「iTunes 12.4.1」がリリースされているが、その「iTunes 12.4」と「iTunes 12.4.1」の両バージョンで、「Apple Music」のストリーミング再生時に不具合が発見されたようだ

MacRumorsのフォーラムのメンバーによると、「Apple Music」で60秒以下の楽曲のストリーミング再生を行うとバッファリングが終了せず、次の楽曲に移行できないという不具合が確認されているとのこと。

冒頭でお伝えしたように、この不具合は先月リリースされた「iTunes 12.4」と「iTunes 12.4.1」で確認されているようだが、60秒以下の楽曲はダウンロードして再生することで不具合を回避できることも確認されている。

すでにこの不具合はAppleに報告されているようなので、現状はひとまず60秒以下の楽曲はダウンロードして再生することで対処し、Appleの対応を待とう。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。