iTunesを使う一部ユーザーで、ローカルに保存していた音楽データが消える不具合が発生中 近日中に修正へ

現在、「iTunes」を使用しているユーザーのごく一部で、ローカルに保存していた音楽データが勝手に消えるという不具合が発生していることが判明した。

この問題は先日から話題になっており、ユーザーが「Apple Music」や「iTunes Match」に登録したことが引き金となり発生する不具合であるとユーザーから報告されていた。

itunes-logo

iMoreによると、Appleは極めて重要な問題として同不具合を認識はしているようだが、不具合の現象を再現できておらず、実際に何が直接的な原因になっているのかはまだ分かっていないとのこと。ただ、「Apple Muisic」や「iTunes Match」機能ではなく、そもそも「iTunes」に原因があるようで、今も解決に向けて動いているとのことだ。

早ければ来週中にも「iTunes」のアップデートを行い、iTunesに入った音楽データを保護するための対応を行うとしている。

apple-music-cm-20160418_3

僕も昔からiTunesを使っていて、相当な数の音楽データをライブラリで管理している。それなのに、いつも通りiTunesを使っていたら、ライブラリからごっそり音楽データが消えていたらと思うとゾッとする。

僕の場合は普段からバックアップを取るように心がけているので、もし消えても音楽データは無事だと思うが、もし音楽データが消えたら困るという人は出来れば普段からバックアップを取ることをお勧めする。

iTunesのバックアップの取り方は、iTunesを起動し、メニューバーから「環境設定」を開く。そして、「詳細」をクリックしたのちに「”iTunes Media”フォルダの場所」に記載されているパスを確認する。

このパス通りの位置に「iTunes Media」フォルダが存在するので、Finderで同フォルダを探す。同フォルダを見つけたら、そのフォルダごと外付けHDDなどの外部ストレージに保存するといいだろう。

[ via iMore ]

itunes-logo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう