「iTunes」アプリがMicrosoft Storeで配信開始

Microsoftは昨年5月に開催された開発者向けイベント「Build 2017」で、Microsoft Store(発表当時は「Windows Store」)に「iTunes」アプリを追加する方向でAppleと協議を行なっていると発表していたが、ついに同アプリの配信が開始されている。

現地時間26日、米MicrosoftはMicrosoft Store内で「iTunes」アプリ(UWP版)の配信を開始したことを発表。本来であれば2017年内に配信が開始される予定だったが、それよりもかなり遅れての配信開始となった。

従来までもWindowsで「iTunes」アプリを使うことは可能だったが、「Windows 10 S」ではUWP版しか利用することができないため、今回からやっと「Windows 10 S」ユーザーはiTunesを利用できるようになる。

首を長くして待っていた「Windows 10 S」ユーザーの皆さんは、早速Microsoft Storeから「iTunes」をダウンロードしよう。

[ via ITmedia ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。