iTunes Store、5月25日から「Windows XP / Vista」を搭載したPCで利用不可に 「Apple TV (初代)」も

一部の旧OSを搭載したWindows端末や、「Apple TV(初代)」を利用している場合、iTunes Storeを利用出来なくなることが分かった。Appleが、これらの端末を利用するユーザーに向けたサポートドキュメントを公開し、注意喚起を行っている。

対象端末は以下のとおり。

  • Windows XP
  • Windows Vistaを搭載したPC
  • Apple TV(初代)

これは、2018年5月25日に実施されるAppleのセキュリティ対策の刷新による影響。同日から、上記の製品は、iTunes Storeを利用することができなくなるとAppleはアナウンスしている。

Appleによると、「Apple TV(初代)」はApple製品の中でも最も古い部類で、アップデートの対象にならないため、セキュリティの変化に対応することができないとしている。

また、「Windows XP」または「Windows Vista」を搭載したPCの場合は、Microsoftのサポートがすでに終了しており、最新バージョンのiTunesを利用することができないため、iTunes Storeを利用することができなくなるとのこと。

itunes-logo

Appleのサポートの対象外とはなるものの、以前のバージョンのiTunesを引き続き利用することはできる。ただし、iTunes Storeで新たにコンテンツを購入したり、そのPCで以前購入したコンテンツを再ダウンロードしたりすることはできなくなる。

Appleは、これらの端末を利用するユーザーに向けたサポートドキュメントを公開するとともに、「Apple TV(初代)」を所有するユーザーに向けては注意喚起するメールを送信している。詳細はこちらから確認していただきたい。

上記の端末を利用しているユーザーが引き続きiTunes Storeを利用するには、最新版のiTunesが利用できる端末を購入するか、OSのアップグレードなどが必要になる。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。