Apple、Mac向けiWorksアプリをバージョン10.1にアップデート。iBooks Authorからのドキュメントインポート、YouTube・Vimeoをドキュメント内再生可能に

現地時間7月9日、AppleはMac向けiWorksアプリをアップデート。バージョンを10.1にあげ、いくつかの新機能を導入している。

アップデートの対象となるアプリはPagesNumbersKeynote各アップデート内容は以下のとおり。

Pages

  • YouTubeおよびVimeoのビデオを書類内で直接再生できます。
  • イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。
  • 新しい関数を使用して、さらに柔軟性の高い数式を作成できます。
  • iBooks Authorのブックを読み込んでPagesで作業できます。
Numbers

  • YouTubeおよびVimeoのビデオをスプレッドシート内で直接再生できます。
  • イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。
  • XLOOKUP、XMATCH、およびREGEXなどの新しい関数により、パターンを照合したり、テキストを操作したり、柔軟性の高い数式を作成したりできます。
Keynote

  • 新しいオプションの“スライドショーをウインドウで再生”を使用すると、ローカルまたはビデオ会議でのプレゼンテーション中にほかのアプリケーションにアクセスできます。
  • スライドの切り替え中もムービーを再生できるようになりました。同じムービーを複数のスライドに追加すると、ムービーの再生が1つのスライドから次のスライドへと継続されます。
  • “パスに揃える”オプションを使用すると、オブジェクトがモーションパスに沿って移動している間、常に正しい方向を指します。
  • イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。

アップデートはMac App Storeから可能だ。各アプリのアップデートはぜひ以下のリンクを活用いただきたい。

関連記事
次期macOSは 「macOS 11 Big Sur」。新機能をまとめてみた
macOS Big Sur、OSアップデートの高速化を実現

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。