j5create、M1 Max・M1 Pro Mac対応のM.2 SSDスロット搭載ドッキングステーション11月19日発売

台湾のPC周辺機器メーカーのj5createは、M1 Max/M1 Proチップを搭載したMacBook Proに対応した、M.2 SSDスロット搭載ドッキングステーション 「USB-C M.2 スロット搭載 12in1 ドッキングステーション JCD552」 を11月19日に発売する。価格は18,800円(税込)だ。

M1 Max/M1 Pro搭載MacBook Proで多数のポートを拡張できるドッキングステーション

本製品は、Type-Cコネクタを2つ搭載し、これらを接続することでMacBook ProやMacBook Airの潜在能力を最大限に引き出せるドッキングステーション。

拡張端子は以下の12個。

  • USB Type-A 3.2 Gen1 5Gbps x1
  • USB Type-A 3.2 Gen2 10Gbps x2
  • USB Type-C 3.2 Gen2 10Gbps x1 (側面)
  • USB-C Power Delivery 100W x1 (充電用)
  • 4K 60Hz DisplayPort x1
  • 4K 60Hz HDMI x1
  • M.2 SSDスロット x1
  • ギガビット有線LAN x1
  • SDカードスロット x1
  • MicroSDカードスロット x1
  • ケンジントンスロット x1

USB Type-C 3.2 Gen 2およびUSB Type-A 3.2 Gen2は10Gbpsの高速転送をサポート。そのほか、100W出力に対応するUSB Type-C Power Deliveryポートも搭載する。HDMIおよびDisplayポートは4K/60Hzに対応したものになる。2端子で同時出力できるので、デュアルディスプレイでマルチ画面による作業することが可能だ。

さらに、M.2スロットを搭載し、別売りのSSDを使うことでノートPCの容量を拡張することが可能 (M.2 PCIe NVMeとSATAに対応) 。

対応OSはWindowsおよびmacOS。価格は18,800円(税込)で、11月19日に発売予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。