JAL、国内線にUSB-AとUSB-C電源を導入 ボーイング767-300型機から順次

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

6月21日、JALは国内線で使用する各機材にUSB電源を導入することを発表した。

まずは、今年度新たに導入するエアバスA350-900型機およびボーイング787型機の各座席にPC電源とUSB電源を設置するとのこと。また、上記に加えて現在運航中の国内線機材ボーイング767・737-800型機についても順次USB電源を導入するとしている。

国内線の機材にUSB電源を導入へ

各電源の設置場所は、ファーストクラスとクラスJに関しては肘掛前方。そしてエコノミー席に関しては前席の下方に設置されるとのこと。

設置される電源は、USB Type-A/USB Type-Cの2つのポート。各ポートがどれほどの出力ができるかは記載されていないため不明だが、Type-CポートはType-Aポートに比べて高い出力に対応しているとしている。

各機材への導入時期は以下のとおり。

  • ボーイング767-300型機:2019年6月より順次
  • ボーイング737-800型機:2019年度第2四半期より順次

※導入完了目処は2021年度

USB電源の導入に至った理由について、以前に導入した国内線の機内Wi-Fiサービスが利用者から好評であったこと、さらに機内でも充電できるようにしてほしいという要望が上がっていたことを挙げている。

関連記事
JAL、国内線無料Wi-Fiサービスを拡充 機内ビデオプログラムの大幅増加やライブTVサービスの開始など
【2019年最新版】飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーの条件 (国内線&国際線) オススメのバッテリーも紹介

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。