日本郵便、Suica・iD・QUICPay+などのスマホ決済・クレジットカードに対応へ 2020年2月から

10月25日、日本郵便株式会社は全国の郵便局においてキャッシュレス決済に対応することを発表した。各種電子マネー・クレジットカードに対応し、サービスの提供開始は2020年2月を予定している。

郵便局でキャッシュレス決済が可能に

郵便局のキャッシュレス対応は、利便性の向上および増加する訪日外国人観光客への対応を目的として行われる。

郵便料金またはゆうパック・ゆうメールなどの荷物の運賃、切手、はがき、レターパックなどの販売品をキャッシュレス決済で支払い可能。カタログや店頭商品など物販商品の支払いでも利用することができる。

決済ブランドは以下の通り。クレジットカードは6ブランド、電子マネーは4ブランド、スマホ決済は11ブランドに対応する。

クレジットカード
VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯

電子マネー
交通系IC、iD、WAON、QUICPay+

スマホ決済
ゆうちょ Pay、Amazon Pay、au PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、Origami Pay、PayPay、 楽天ペイ(アプリ決済)、アリペイ(Alipay)、WeChat Pay

ちなみに、2020年2月時点でのスマホ決済導入は全国65の主要郵便局に留まるが、同年5月には全国8,500局で導入されるとのこと。導入される郵便局の一覧はこちらのページから確認可能だ。

関連記事
3メガバンクがQRコードによるモバイル決済「BankPay」提供、2019年の実用化を目指す 日本のキャッシュレス化を担えるか
毎年恒例 「いい買物の日」 キャンペーン、今年も開催決定。PayPayボーナス最大20%還元も

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。