QRコード決済の統一規格 「JPQR」、8月1日午前3時にスタート 銀行Payやメルペイ、LINE Payなど6サービスが導入へ

一般社団法人キャッシュレス推進協議は25日、QRコード決済の統一規格 「JPQR」 を2019年8月1日午前3時に各スマホ決済サービスが導入することを発表した。

同時刻から、銀行Payやメルペイ、LINE Payなど一部のスマホ決済で使用されるQRコードが、JPQRに準拠したものに変更される。

「JPQR」 への切り替えタイミングが8月1日午前3時に決定

「JPQR」 は乱立するスマホ決済サービスのQRコードをひとつにするために誕生した統一規格。QRコードを統一することで、導入する店舗側がそれぞれのスマホ決済を導入しやすくするのが狙いで、経済産業省や各スマホ決済事業者らで構成されるキャッシュレス推進協議によって策定された規格だ。

同協議会は今年3月29日に、「コード決済に関する統一技術仕様ガイドライン」 を公表。さらに同年4月26日には従来のQRコードからJPQRへの切り替え目標を2019年8月1日(木)午前0:00とすることを検討していたが、この検討の結果、移行タイミングにおける混乱をなるべく小さくするため、2019年8月1日午前3時に切り替えをすることに決まったという。

現k時点でJPQRへの移行の決定しているのは以下の6サービス。

  • au PAY
  • 銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ(アプリ決済)
  • りそなウォレット

なお、8月1日以降も各スマホ決済サービスもJPQRへの移行を予定しており、年内には新たに6サービスがJPQRに準拠する予定だという。

関連記事
QRコード決済の統一規格 「JPQR」 、PayPayやLINE Pay、メルペイ、ドコモ、KDDIなどが参画
PayPay・メルペイ・LINE Payの3社合同キャンペーン第2弾が発表 セブン‐イレブンでお買い物で最大1,500円の還元

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。