JR東日本、北東北3県 (青森・秋田・岩手) 在来線にSuica導入。2023年に実現

4月6日、JR東日本は北東北3県 (青森・秋田・岩手) のJR線区において、Suica導入エリアを拡大することを発表した。

拡大は2023年春に行われる。新たに導入される区間、駅は以下のとおりで、青森エリアは奥羽本線(青森〜弘前間)10駅、盛岡エリアは東北本線(盛岡〜北上)12駅、田沢湖線(盛岡~雫石)3駅、釜石線(花巻~新花巻)2駅、秋田エリアは奥羽本線(和田~追分)7駅、男鹿線(追分~男鹿)8駅、羽越本線(新屋~秋田)2駅の全44駅。

対象エリア 線名 対象駅
青森エリア
(10駅)
奥羽本線
(弘前〜青森)
弘前、撫牛子、川部、北常盤、浪岡、大釈迦、鶴ケ坂、津軽新城、新青森、青森
盛岡エリア
(17駅)
東北本線
(北上〜盛岡)
北上、村崎野、花巻、花巻空港、石鳥谷、日詰、紫波中央、古館、矢幅、岩手飯岡、仙北町、盛岡
田沢湖線
(盛岡〜雫石)
大釜、小岩井、雫石
釜石線
(花巻〜新花巻)
似内、新花巻
秋田エリア
(17駅)
奥羽本線
(和田〜追分)
和田、四ツ小屋、秋田、泉外旭川、土崎、上飯島、追分
男鹿線
(追分〜男鹿)
出戸浜、上二田、二田、天王、船越、脇本、羽立、男鹿
羽越本線
(新屋〜秋田)
新屋、羽後牛島

これらの駅ではタッチ&ゴーによるご乗車のほか、Suica 定期券が利用できる。ただし、3つのエリアとも各エリア内で完結するように利用する方法があり、エリアをまたいで利用することはできないとのこと。

今回のSuicaエリア拡大では、新たな改札システムを導入予定。従来自動改札機にあったSuicaの主要機能をセンターサーバーに集約し、将来的にはSuicaエリア拡大のほか、モバイルSuicaなどスマートフォンによる多彩なサービス提供が実現できるようクラウド化を進めるとしている。

また、東北エリアのさらなる復興に向けて、JR東日本グループは東北デスティネーションキャンペ ーンや 「TOHOKU MaaS」、地域連携ICカードの展開などを予定しているとのことだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。