JR東日本、交通系ICカードを入場券のように使える 「タッチでエキナカ」 3月13日から提供開始

Suicaなどの交通系ICカードで、在来線の駅構内に “入場” できるIC入場サービス 「タッチでエキナカ」 が3月13日から開始される。1月19日、JR東日本は同社公式サイトで発表した。

在来線の駅構内で利用できるIC入場サービス 「タッチでエキナカ」 が3月13日スタート

「タッチでエキナカ」 は、Suicaなどの交通系ICカードを、エキナカ施設の利用や送迎などの目的で、在来線の駅構内に入出場する際に利用できるというもの。

交通系ICカードで同一駅の自動改札機を2時間以内に入出場した場合に、本サービスが自動適用される仕組み。出場時に、交通系ICカードに入っている残高から、自動で利用料が差し引かれる。

サービスが利用できるのは、JR東日本Suicaエリアにある在来線駅の自動改札機(ゲート型)で、簡易改札機では利用できないとのこと。また、新幹線改札機については本サービスを利用できないため、送迎などで入場したい場合は引き続き入場券を購入する必要があるとのこと。

「タッチでエキナカ」 の利用料金は、きっぷで購入する場合と同じ。電車特定区間の駅は140円、それ以外の駅は150円となっている。

利用できる交通系ICカードはSuica・PASMO を含む全国相互利用対象の10種類 (Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、nimoca、SUGOCA、はやかけん)、加えてモバイルSuicaやApple PayのSuicaでも利用できる。また、仙台エリアでは icsca(イクスカ)も利用できるという。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。