JR西日本、顔認証改札機を導入へ。2023年3月より大阪駅で実証実験を開始

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

12月21日、JR西日本は大阪駅(うめきたエリア)で顔認証改札機の実証実験を行うと発表した。実証実験は、大阪駅(うめきたエリア)が開業する2023年3月18日より、大阪駅ー新大阪駅間で行う。

大阪駅(うめきた地下口)に設置する顔認証改札機で、利用者の顔をキーに改札機を通過したかどうかを判定する。

改札機はウォークスルー型で、ゲートは設けず入出場が同時にできる。また、改札機のデザインは、近未来を感じさせるもので、演出によってワクワク感を体験できるとのこと。

さらに、新大阪駅東口改札にも、簡易的な顔認証改札機を設置する。大阪駅と新大阪駅にそれぞれ1か所ずつ設置した改札で実証実験を行う予定。実証実験は当面行うとしている。

実証実験には、大阪駅~新大阪駅間を含む ICOCA定期券をもつモニターを募集する。実証実験の詳細情報やモニターの募集方法については2023年2月頃の案内を予定している。

関連記事
マイナンバーカードのiPhone搭載、2024年以降になる見通し。Androidは2023年5月11日から
JR東日本、「QRコード」 を利用した乗車サービスを2024年以降に順次導入

(画像:JR西日本)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。