au、日本初のeSIMサービス 「海外データeSIM powered by GigSky」 4月17日から提供開始

4月11日、KDDIおよび沖縄セルラーは国内初となるeSIMサービス 「海外データeSIM powered by GigSky」 の提供を開始することを発表した。サービス開始は4月17日から。

「海外データeSIM powered by GigSky」 は、世界中でトラベルSIM事業を展開するGigSkyのプラットフォームを活用するeSIMサービス。

デュアルSIMに対応したiPhoneを利用するユーザーが、北米などへ渡航する際の2回線目として現地データ通信を利用できる。提供される専用アプリ 「海外データeSIM」 を使って、事前に利用期間やデータ量を決めて購入できるため、簡単かつ安心に利用できるとしている。

KDDIが国内初となるeSIMサービスの提供を開始

これまでKDDIと沖縄セルラーは、海外でもデータ定額サービスが利用できる 「世界データ定額」 (1回980円/24時間) を提供してきたが、同サービスは1日毎の契約となるため長期の滞在には不向きだった。しかし、「海外データeSIM powered by GigSky」 の提供によって、旅行や留学、出張など海外での長期滞在時にWi-Fiルーターをレンタルすることなく手持ちのiPhoneだけでデータ通信が利用できるようになる。

対象デバイスは、iPhoneXSとiPhone XS Max、そしてiPhone XRのデュアルSIMに対応したiPhoneのみ。料金は、30日プラン/5GBが5,800円、30日プラン/8GBが8,900円(不課税)、利用できる地域はアメリカ(本土、ハワイ、アラスカ)、カナダ、メキシコ、プエルトリコ、米領ヴァージン諸島となっている。

「海外データeSIM powered by GigSky」 サービス詳細
対象機種 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
対象地域 アメリカ(本土、ハワイ、アラスカ)、カナダ、メキシコ、プエルトリコ、米領ヴァージン諸島
料金(不課税) 30日プラン 5GB 5,800円
30日プラン 8GB 8,900円
サービス開始日 2019年4月17日

利用開始するには、まずはApp Storeで専用アプリ 「海外データeSIM (後日公開予定)」 をダウンロードし、アプリからアカウント作成、支払方法の設定、プラン購入を行い、eSIM情報をダウンロードすることで、対象地域に到着後、現地ネットワークへの接続によって自動で利用開始される仕組みだ。

ちなみに、同サービスはauが販売するiPhoneとSIMフリーiPhoneはそのまま利用でき、au以外の通信事業者が販売するiPhoneでもSIMロックを解除することで利用できるとしている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。