KDDI、3年目以降は契約解除料が発生しない「新2年契約」を発表

au-logo

先日からKDDIが準備しているとされていた新たな「2年縛り」だが、昨日KDDIは、契約から3年目以降はいつ解約しても契約解除料が発生しない新プラン「新2年契約」を正式に発表した。

先に新プランを発表していたソフトバンクと全く同じプランに

KDDIが今回新しく発表した「新2年契約」は、先日ソフトバンクが発表した新料金プランと内容は全く同じ。

通常の2年縛りに比べて月額300円ほど利用料金が高くなってしまうが、契約して3年目以降はいつ契約を解除しても9,500円の契約解除料がかからないというプランだ。

新2年契約 料金表

現在「2年縛り」を契約しているユーザーは、その2年縛りが終了した後に新たにこちらの新プランを契約し、2年間契約を続けたのちに契約解除料が発生しなくなるといった流れになるので、契約解除料が無料になる人が現れるのはまだまだ先の話だ。

ちなみに、こちらのプランを2年8か月で解約する場合、従来の2年縛りを契約したのちに9,500円の違約金を支払った方が安くなる計算になるので、契約する際は慎重に判断していただきたい。

また、新料金プランの発表と同時に、2016年5月以降に2年縛りの契約が満了となるユーザーから「誰でも割」の更新期間を2ヶ月間に延長するという発表も行われた。これまで1ヶ月間しかなかった契約更新期間が延びたものの、2ヶ月を過ぎると従来通り契約が自動的に更新されてしまうので気をつけてほしい。

新プランの提供は2016年6月1日から。新プランへの移行は、2016年5月に契約満了を迎えるユーザーから順次選択できるようになっており、もし2016年6月1日に契約を行った場合、契約解除料が無料になるのは2018年6月1日以降となる。

[ via KDDI ]

au-logo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう