KDDI、通信障害の補償として一律200円を詫び返金。271万人には2日分の基本使用料相当額も返金

7月29日、KDDIは今月2日より発生した大規模な通信障害に関する説明会を開催。音声通話/データ通信が利用しづらくなるなどの影響があったユーザーに対して、返金対応を行うと発表した。

今回の障害は、KDDIのルータのメンテナンス作業を起因に発生した障害が波及し、au回線が利用しづらい状況が2日以上にわたって続く大規模なものとなった。

影響を受けたユーザー(推定)は合計3,043万人以上。内訳としては、KDDIの音声通話(VoLTE)で約2,278万人、データ通信(4G/5G)で765万人以上。メインブランドであるauのほかにもサブブランドであるUQ mobile、オンライン専用ブランドpovo、auの回線を提供するMVNOや楽天モバイル、そのほか物流や自動車関連、行政サービスなどあらゆる業種、生活インフラに対して影響を与えた。

(画像:KDDI)

返金は、通信障害期間中24時間以上連続してすべての通信サービスを利用できなかったユーザー271万人に対して、約款返金として2日分相当額。さらに、期間中に契約していたすべてのユーザー3,389万人に対してお詫び返金として一律200円、請求額から減算するかたちで行う。総額は約73億円。

なお、povo2.0については基本料0円であることから返金に替えてデータトッピング1GB/3日間を進呈するとのことだ。

返金に関する案内は、本日の発表に加えてホームページへの掲載を行うとともに、明日より新聞各紙にて返金内容の案内を行う。8月中旬以降に対象のユーザーが確定次第、SMSで順次案内を開始する予定。SMSはクリック詐欺などが起きる可能性を考慮して、リンク先のURLを記載せず、ユーザーの個人情報入力を求めないかたちで実施するとのことだ。返金(減算)は9月以降に実施する。

KDDIは上記発表とともに、今回の障害発生について「今後、全社を挙げて再発防止を徹底するとともに、5G・Beyond 5G時代においてさらに増加する データ通信量への対応を行い、お客様に安心して ご利用いただける通信ネットワークを提供してまいります。」とコメントしている。

関連リンク:7月2日に発生した通信障害について – KDDI株式会社

KDDIの商品および各サービスの名称等は、KDDIの商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。