Apple、一部のMacBookやMacBook Proのキーボードの無償修理を発表 最新モデルも対象

現地時間6月22日、Appleは一部のMacBookやMacBook Proのキーボードで文字が勝手に入力されるなどの問題があることを認め、無償で修理を行う「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発表した。

サポートページの内容によると、MacBookやMacBook Proで以下の症状が発生している場合、キーボードを無償で修理してもらえるという。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

同プログラムの対象になっているのは、MacBookの場合は2015年以降、MacBook Proは2016年以降のモデルとなっている。全モデルを挙げると以下のとおりだ。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」は、対象となっているMacBookもしくはMacBook Proの小売販売日から4年間有効だ。

また、同プログラムの対象になっているMacBookやMacBook Proのキーボードの修理をすでに有償で修理している場合は返金が行われるとのことなので、Appleサポートに連絡するようにしよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。