ケンタッキーフライドチキンがゲーム機 「KFConsole」 発表。4K/120fps・クロスプラットフォームに対応、チキンチャンバーも内蔵

ケンタッキーフライドチキン (KFC) のゲーム部門KFC Gamingは、新型ゲーム機 「KFConsole」 を発表した。

なんでもゲームをしながらチキンを温めて好きな時に食べられるチキンチャンバーが内蔵された画期的なゲームコンソールだという。エイプリルフールネタなのかと思いきや今は6月。KFCさん、もしかして本気なのだろうか。

KFC Gamingが新型ゲーム機 「KFConsole」 を発表

KFC Gamingによれば、「KFConsole」 にはZinger製プロセッサが内蔵されていて、4K/120fpsに対応する。さらにクロスプラットフォームにも対応しており、他コンソールと一緒にオンラインプレイに興じることができるという。ストレージ容量は2TBと十分で、大量のゲームをインストールすることができるだろう。

そして 「KFConsole」 の最大の特徴は性能よりも見た目と独自機能。デザインはKFCのチキンを10個頼むと貰えるバーレルと呼ばれるバケツ型容器に着想を得て開発されたとのこと。筐体はゲームコンソールらしく黒だが、見た目はまさしくバーレル。

そして本コンソールには驚愕の独自機能として、チキンを焼いたり温めたりできるチキンチャンバーが用意されているとのこと。ゲームプレイ中にお腹が空いたらアツアツのチキンをすぐに頬張れる…まさにゲーマー御用達とも言える夢(?)のようなコンソールだ。

KFC Gamingはハッシュタグ 「#PowerYourHunger」 をつけて本コンソールを発表している。さすがにジョークと思いたいが、KFC Gamingは同コンソールがジョークであることに言及していないため、本気でこのコンソールを発売するつもりなのかもしれない (熱など大丈夫なのだろうか…)。

ちなみに、KFCにはゲーム業界において “突拍子もない” ことをしでかした前歴がある。昨年9月にKFC Gamingはかの有名なカーネルおじさんと恋愛できるADVゲーム『I Love You, Colonel Sanders! A Finger Lickin’ Good Dating Simulator』(残念ながら日本語非対応) をSteamで配信。ゲーム界隈で大きな話題となった。Steamでの評価は 「非常に好評」、筆者もプレイしたがユニークすぎる内容にとても楽しめた。

果たして 「KFConsole」 は本当に発売するのだろうか。KFC Gamingは本コンソールを2020年11月12日に発売予定としているが、ぜひとも続報に期待したい。

[ via Tom’s Hardware ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。