Amazonが新型Kindleを10月12日発売、本日より予約開始。小型軽量化&高解像度化を果たす〜キッズモデルも

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

9月13日、Amazonは電子書籍リーダー 「Kindle」 の新型モデルを発表した。また、同製品のキッズモデルについても新型モデルを投入する。

価格はKindle 広告ありモデルが10,980円(税込)、広告なしモデルが12,980円(税込)。Kindleキッズモデルは12,980円(税込)。新型モデルの価格設定は、いずれも先代モデルより2,000円高くなった。

予約受付は同日より開始。出荷開始は10月12日(水)を予定している。

高解像度ディスプレイを搭載した新型Kindleが登場

今回発表された新型Kindleは、先代から引きつづきAmazonの電子書籍リーダー 「Kindle」 シリーズのエントリーモデルとしてラインナップされるモデル。

特徴は、本体の軽量化およびコンパクト化が行われたことに加えて、ピクセル密度300ppiの6インチディスプレイを搭載したこと。前世代モデルの約3倍のピクセル数となり、文字と画像がくっきりと綺麗に表示されるようになった。ちなみにピクセル密度300ppiは上位のKindleデバイスと同じとなる。

さらに、内蔵ストレージ容量が8GBから16GBに増量され、より多くの電子書籍を保存できるようになっている。

先代モデルからの変更点

① 軽量化とコンパクト化
② ディスレイ解像度の向上
③ ストレージ容量が2倍 (8GB → 16GB) に
④ 外部端子がmicroUSB → USB Type-Cに (急速充電も可)
⑤ ダークモードに対応

本体サイズは157.8mm x 108.6mm x 8.0mm、重量は158g。先代モデルが160mm x 113mm x 8.7mm、重量が174gだったことから着実に小型化と軽量化が図られていることがわかる。

外部コネクタはmicroUSBからUSB Type-Cに変更された。これにより高速充電が可能になっている。バッテリー持ちはフル充電で最大6週間。

フロントライトや明るさ調整機能は先代モデルから引きつづき搭載される。ディスプレイは反射を抑える加工が施されているほか、他モデルと同様にダークモードに対応したことで、明るい屋外や暗い部屋などでの使用も快適になった。

上位モデルである 「Kindle Paperwhite」 や 「Kindle Oasis」 のような防水機能やワイヤレス充電機能、色調調節ライト機能等には対応しない。

カラーラインナップは、ブラックとデニムの2色。価格はKindle 広告ありモデルが10,980円(税込)、広告なしモデルが12,980円(税込)。予約受付は本日より開始されており、出荷開始は10月12日(水)を予定している。

また、キッズモデルについても同日に出荷が開始される。キッズモデルはお子さんが安心して使えるよう保護カバーがつき、2年間の限定保証が付帯。さらに、1,000冊以上の子ども向けの本が読み放題になる 「Amazon Kids+」 が1年間追加料金なしで利用できる特典も付属する。

カラーは本体がブラックで、保護カバーはスペースホエール、ユニコーンバレー、サブマリンの3色が用意される。価格は12,980円(税込)で、出荷開始は10月12日(水)を予定している。

関連記事
[2022年] 5分でわかるKindle端末、全4モデルの違いを比較。どのモデルがオススメか徹底解説

(画像提供:アマゾンジャパン)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

AmazonおよびKindle並びに関連するすべてのロゴは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。