Amazon、新型「Kindle Paperwhite」 発表&予約開始 薄型・軽量化と防水機能が特徴

10月16日、Amazonは新型「Kindle Paperwhite」を発表した。本日から予約受付が開始されており、Wi-Fiモデルは11月7日、Wi-Fi+4Gモデルは12月13日に発売予定。価格は13,980円からとなっている。

新型Kindle Paperwhiteが11月7日から順次発売へ

今回発表された新型「Kindle Paperwhite」は、シリーズ8世代目となるモデル。6インチのE-Ink画面を搭載しているのは従来から変わっていないが、端末の10%薄型化(8.18mm)、重量も10%の軽量化(182g)されているのが特徴。さらに、Paperwhiteシリーズで初めてのIPX8相当の防水性能が魅力となっている。

新型「Kindle Paperwhite」の画面にはまるで紙に文字が書かれているかのように見える6インチのE-Ink画面が採用されており、さらに300ppiの高解像度のおかげで小さな文字もくっきりと見える。反射防止加工がなされているため、明るい日差しの下でも文字を読むことが可能だ。

目に優しいフロントライト搭載で、スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので目が疲れにくく快適。文字サイズは8種類から選ぶことができるため、自身の読みやすいサイズに調節することができる。

また、IPX8の高い防水性能にも注目だ。Amazonによると、真水で水深2メートルまで最大60分耐えられる程度の防水性能になっているため、うっかり水に落としても安心であるとのこと。お風呂やプールなどの水場で書籍を読むのにも適しているようだ。

新型「Kindle Paperwhite」はWi-FiモデルとWi-Fi+4Gモデルが用意されており、それぞれストレージ容量別に8GBモデルと32GBモデルが用意されている。

価格は8GBモデル「広告あり」が13,980円から、「広告なし」が15,980円から。32GBモデルは「広告あり」が15,980円から、「広告なし」が17,980円からとなっている。

発売日はWi-Fiモデルが11月7日だが、Wi-Fi+4Gモデルが12月13日と1ヶ月以上遅れる予定だ。

Kindle Paperwhite(第10世代)全ラインナップ
ストレージ容量 広告 接続方法 価格
8GB 有り Wi-Fi 13,980円
8GB 無し Wi-Fi 15,980円
32GB 有り Wi-Fi 15,980円
32GB 無し Wi-Fi 17,980円
32GB 無し Wi-Fi + 4G 22,980円

ちなみに、Kindle Paperwhiteはこれまで32GBモデルが「マンガモデル」として販売されていたが、新型「Kindle Paperwhite」に32GBモデルが用意されたことで、実質的に「マンガモデル」は廃止されている。さらに、「Kindle Voyage」も販売終了となっているため、Kindleシリーズは今後3つのラインナップで販売される予定だ。

また、新型「Kindle Paperwhite」の登場に伴い、同製品専用のカバーが発売となる。 同カバーを使用すれば、まるで本の表紙を開くように端末を操作することができ、カバーを閉じると自動的にスリープモードに、 開くとスリープが解除される仕組み。プレミアムレザー、レザー、ファブリックカバーの3種類が用意されており、それぞれ6,680円、4,680円、3,680円で販売される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。