新型 「Kindle Paperwhite」 Amazonで発売。6.8インチの大型ディスプレイ搭載、新たに 「シグニチャーエディション」 「キッズモデル」 も用意

9月21日、アマゾン・ジャパンは電子書籍リーダー 「Kindle Paperwhite」 に新型モデルを投入すると発表した。

今回の新型 「Kindle Paperwhite」 は、通常モデルとシグニチャーエディション、キッズモデルの3種類がラインナップ。

価格は通常モデルが14,980円〜、シグニチャーエディションが19,980円〜、キッズモデルが16,980円〜となっている (いずれも税込) 。本日から予約受付開始となり、10月27日以降順次発売する予定だ。

新型Kindle Paperwhiteが発表。シグニチャーエディション・キッズモデルも登場

今回発表された新型 「Kindle Paperwhite」 は、従来モデルよりも画面が大型化(6.8インチ)したほか、上位モデルであるKindle Oasisに搭載されていた 「色調調整ライト」 に初めて対応したのが大きな特徴だ。

デザインは従来から大きくは変わらないものの、周囲のベゼルが薄くなったことで、より広々とした画面で本を読めるようになった。

ディスプレイを後ろから照らすLEDバックライトは従来の5個から17個に増えており、先代モデルに比べて画面の明るさが向上。画面上の色ムラもなくなり、読書しやすくなっている。これに加えて、全モデルに色調調整ライトが搭載され、好みの色合いで読書できるようになった。

また、シグニチャーエディションには、周囲の光に応じてディスプレイの明るさを自動調節する機能が搭載されている。

内蔵プロセッサも性能が良いものに置き換えられ、反応速度は先代より20%高速となった。さらに、充電ポートがUSB-Cに置き換えられたことで、スマートフォンなどと同じ充電器・ケーブルを使って充電できるように。

シグニチャーモデルは有線充電のほか、ワイヤレス充電に対応する。Qi規格をサポートし、最大7.5Wの充電に対応する。専用のワイヤレス充電器のほか、アンカー社より専用の充電スタンドが販売される。

バッテリー持ちも先代モデルから65%向上しており、1回のフル充電で最大10週間駆動できるタフネス仕様。防水もIPX8相当をサポートする。

ストレージ容量は通常モデルとキッズモデルが8GB、シグニチャーモデルが32GB。

ちなみに、キッズモデルには本体保護のためのキッズカバーが付属する。さらに故障や破損時に本体交換できる保証が購入から2年限定で提供されるとのことだ。

また、「Amazon Kids+」 のサブスクリプションが1年分付属。追加料金不要で1,000冊以上の本が子ども向け本が読み放題となる。

さらに単語帳や辞書機能なども搭載。読書を促進させるためのバッジ機能も搭載される。親は、お子さんの読書量をペアレント・ダッシュボードにて確認可能だ。

新型 「Kindle Paperwhite」 の価格は通常モデルが14,980円~、シグニチャーエディションが19,980円~、キッズモデルが16,980円~となっている (いずれも税込) 。本日から予約受付開始となり、10月27日以降順次発売する予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。