Kindle/Kindle Oasisが最大27%オフ。Amazonタイムセール祭りでKindleデバイスがセールに

本日2月26日より開催されている 「Amazon タイムセール祭り」 で、人気電子書籍リーダー 「Kindle」 シリーズのタイムセールが開催されている。

今回のセールでは、「Kindle」 「Kindle Oasis」 「Kindle キッズモデル」 がセール対象に。それぞれ、「Kindle」 は2,000円オフ、「Kindle Oasis」 は5,000円オフ、「Kindle キッズモデル」 は3,000円オフで販売されている (価格はいずれも税込) 。

端末名 ストレージ容量 広告表示 通常価格 セール価格
Kindle 8GB 有り 8,980円 6,980円
無し 10,980円 8,980円
Kindle Oasis (Wi-Fi) 8GB 有り 29,980円 24,980円
8GB 無し 31,980円 26,980円
32GB 有り 32,980円 27,980円
32GB 無し 34,980円 29,980円
Kindle Oasis (Wi-Fi+無料4G) 32GB 無し 40,980円 35,980円
Kindle キッズモデル 8GB 無し 10,980円 7,980円

Kindleは、e-inkディスプレイを搭載し、読みさすさを追求した電子書籍リーダーシリーズ。このうち無印モデルである 「Kindle」 は6インチ(167ppi)の画面を搭載したエントリーモデル。フロントライトはLED 4個。本体容量は8GBと少なめだが、小説など文字媒体であれば数千冊を保存可能。バッテリー持続時間は長くて数週間、充電は4時間で完了する。

「Kindle Oasis」 は、7インチ(300ppi)のe-inkディスプレイを搭載し、色調調節ライトや明るさ自動調整機能、自動画面回転機能などを搭載したモデル。Kindleシリーズのなかで最上位モデルとして位置付けられており、画面の綺麗さなど性能的優位を持つ。

1回の充電で最大6週間もち、充電は3時間で完了できる。本体ストレージは8GBもしくは32GBから選択可能だ。

「Kindle キッズモデル」 は子ども向けの電子書籍リーダー。1,000冊以上の子ども向け書籍が読める定額サービス 「FreeTime Unlimited」 が1年間追加料金なしで利用できる上に、叩いたり落としても壊れないよう本体にキッズカバーが付属。さらに破損・故障しても2年間の限定保証期間内であれば無償交換にも対応するという安心サービスが付帯するモデルだ。

上記セールは2月26日(土)午前9時から、2月28日(月)23時59分までの約3日間で行われる。(価格はいずれも税込)

ポイントアップキャンペーン開催中

今回のタイムセール祭りにあわせて、恒例の 「ポイントアップキャンペーン」 も開催される。セール期間中に合計1万円以上の買い物をすると、条件に応じてポイント還元率が最大6%アップする。ポイント上限は5,000ポイント。

対象商品は、Amazonで販売されるすべての商品(※)となっており、通常の還元率に加えてプライム会員なら+2%、モバイルアプリでの買い物で+1%上乗せで還元される。また、Amazon Mastercardで買い物した場合は、通常還元を含めて最大3%上乗せされるため、最大で6%分のポイントがゲットできる仕組みだ。

キャンペーンにはエントリーが必要なので、ポイント還元率をアップしたい方はエントリーを忘れずに。

(※Kindle Unlimited、Prime Video、Prime Music、Audibleなどの定額サービスで提供しているデジタルコンテンツの料金 (定額の支払いではないデジタルコンテンツは対象) 、Amazon提携ネットスーパー (ライフなど) 、Amazonギフト券、Amazonコイン、Amazonプライム会員の月会費・年会費、Amazon Mastercard会員の年会費、すべての手数料および配送費、ラッピング費用、予約商品は対象外)

(画像:Amazon)

注:当記事に掲載されている価格など可変的情報については、記事掲出時のものであることに注意してください。
AmazonおよびKindle並びに関連するすべてのロゴは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。