MGSシリーズの小島監督がKONAMIを退職、新スタジオ設立!SCEと締結し、第1作目はPS4独占作品

kojima-production[ image via KOJIMA PRODUCTIONS ]

「METAL GEAR」シリーズなどの人気作品の生みの親として知られる、ゲームクリエイターの小島秀夫監督が、12月15日付けでKONAMI(コナミデジタルエンタテインメント)を退職したことが16日未明に明らかになり、全世界から驚きの声が上がっていた

すると、16日午後、SCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント)から新たな発表があり、小島監督が新たに「コジマプロダクション」というスタジオを設立し、SCEと契約を締結して、第1作目をPlayStation 4の独占タイトルとして制作していくことが明らかになった

この発表に世界中から応援のコメントが殺到しているとのことだ。

小島監督からのメッセージでは、新スタジオのロゴの発表も

小島監督も自らのTwitterアカウントで以下のツイートを投稿している。

また、コジマプロダクションのロゴもTwitterで公開されている。

「コジマプロダクション」の今後に期待!

KONAMと小島監督の確執については以前から話が上がっており、今回の退職には不明な点も多いが、ひとまず新スタジオ「コジマプロダクション」の発足やSCEとの契約提携は嬉しいニュースであることは間違いない。

「METAL GEAR」シリーズの版権自体はKONAMIに残るため、小島監督の作る「METAL GEAR」シリーズの続編の実現は難しいとは思うが、違う作品となってもきっと素晴らしい作品を世に出してくれると個人的には期待している。

小島監督率いる「コジマプロダクション」の今後に期待しよう!

コジマプロダクションの公式サイトも既に公開されているので、こちらから確認だ!

kojima-production
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう