Apple Watch Series 5、次期iPhoneとともに来月発表か JDIの有機ELディスプレイを搭載

毎年9月に新型iPhoneとともに新型モデルが登場するのが恒例のApple Watchだが、今年は何やら静かだ。

あまりにリーク情報(噂)が少ないため、「今年は新型モデルは登場しないのでは」 と予想する向きもあるが、Appleはやはり新型モデルを用意しているようだ。

これまでAppleの新製品に関する様々な予測を打ち立てては、ほぼすべてを的中させてきたTF International SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が、次期Apple Watchこと 「Apple Watch Series 5 (仮称)」 に関する情報を提供している。

Apple Watch Series 5、次期iPhoneとともに来月発表か JDIの有機ELディスプレイが採用

彼は投資家向けレポートの中で、次期Apple Watchは2019年9月に発表されるとしている。次期iPhoneこと 「iPhone 11」 シリーズと同時に登場する可能性が高い。

具体的にどのようなデバイスになるのかについては明らかにされていないものの、搭載されるディスプレイ(一部)にはJDI (ジャパン・ディスプレイ) の有機ELディスプレイが採用されるという。Kuo氏は、AppleのJDIへの有機ELディスプレイの発注が、2019年は全体の15~20%、2021年には70~80%程度まで発注量が増える可能性について言及している。

次期iPhoneについてはかなりのリーク量になっており、すでに様々な情報が明らかになっている中、Apple Watchに関してはほとんどといっていいほどリーク情報がないのがとても気になるところ。これまで様々な予測を的中させてきたKuo氏でさえ、次期Apple Watchの姿は掴めていない様子だ。

ただし、今回のKuo氏の予測から 「Apple Watch Series 5」 は来月あたりに登場する可能性が高まっており、今年新型モデルの登場を待ち望んでいる方にとっては朗報とも言えるだろう。とはいえ、リーク情報の少なさから次期Apple Watchは現行モデルから大きな変化は望めないのかもしれない。

ちなみに、Appleは2019年9月10日に新製品発表イベントを開催する見込み。正式発表はまだだが、近いうちに同スペシャルイベントの開催が告知されるものと予想される。イベントでは次期Apple Watchのほか、次期iPhoneが発表されるものとみられている。また、MacBook Pro (16インチモデル) の登場についても噂されている。

関連記事
2020年発売の次世代型Apple Watch、有機ELディスプレイではなくマイクロLEDを採用か
「watchOS 6」 新機能まとめ App StoreがApple Watchにやってくる

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。