Blu-ray書き込みソフト 「Leawo Blu-ray作成」 レビュー (PR)

近年、旅行先での思い出やお子さんの運動会などのイベントの動画撮影にスマートフォンを活用する人が多くなった。スマホのカメラもかなり進化してきており、iPhoneのようなハイエンドスマホなら4K動画の撮影もお手の物。

こうしてスマホで撮影した動画などをBlu-rayやDVDに記録として残しておきたいとき、活躍するのがBlu-ray書き込みソフトだ。海外ソフトも含めると実に多くの書き込みソフトが存在するが、今回Leawo Software社から 「Leawo Blu-ray作成」 を紹介していただき、実際にソフトを試す機会を得ることができた。

本記事では 「Leawo Blu-ray作成」 の特徴や使い方をまとめつつ、同ソフトの良い点などをご紹介したいと思う。スマホで撮影した動画をBlu-rayやDVDに保存しておきたい方は必見だ。

「Leawo Blu-ray作成」 の特徴

Leawo Blu-ray作成」 は、Blu-rayとDVDの作成に特化したWindows/Mac用ソフト。ソフト名には 「Blu-ray」 とだけ記載されているが、DVDの作成にも対応しているのでお間違えのないように。

同ソフトはスマホで撮影した動画をBlu-rayやDVDに書き込むのはもちろん、撮影した写真からスライドショーを作成して書き込んだり、Blu-ray・DVDを再生したときに表示される最初のメニューを編集したり、トリミングやビデオ回転など撮影したビデオを編集できるなど、様々な機能を利用することができる便利ソフトだ。

対応するビデオ形式は以下のとおり。

入力形式
AVI, MP4, DAT, WEBM, RMVB, RM, MPG, MPEG, VOB, MOV, M4V, QT,FLV, F4V, NSV, NUT, MKV, MTS/M2TS/TS/TP/TRP(AVCHD, H.264, VC-1, MPEG-2 HD), MOD, TOD, DV, WMV, ASF, 3GP, 3G2, DVR-MS

出力形式
Blu-ray Disc (BD-25, BD-50), DVD Disc (DVD-5, DVD-9), Blu-ray/DVD folder, ISO image file

「Leawo Blu-ray作成」 を利用するには、まずは同ソフトを含めLeawo Software社のメディア変換・編集ソフトすべてが入った総合ソフト 「Leawo Prof. Media」 をインストールする必要がある。この 「Leawo Prof. Media」 から 「Blu-ray作成」 の機能を利用するようなイメージだ。

「Leawo Blu-ray作成」 の使い方

「Leawo Blu-ray作成」 のホーム画面がこちら。今回はMac版をインストールしたので、ここから掲載するスクリーンショットはすべてMac版のものとなっている。

Blu-rayやDVDへの書き込みはとても簡単。まずは書き込みたい動画ファイルを画面中央にドラッグし、左下のプルダウンから 「DVD-5」 や 「BD-25」 など書き込みたいメディアを選択。

あとは右上の 「書き込み」 ボタンを押して書き込み先に空のBlu-ray・DVDを選択して書き込み作業を開始しよう。細かい設定などがよく分からない状態でも、ひとまずこれでBlu-rayやDVDを作成できるはずだ。

動画ファイルだけでなく、複数の写真ファイルによるスライドショーを作って書き込むこともできる。この場合も動画ファイルと同じく、まずはスライドショーに組み込みたい写真を1つ1つ中央にドラッグしてこよう。

すべてドラッグし終わったら、1つのファイルをクリックして表示される鉛筆マークをクリック。すると、スライドショーの編集画面に移行する。

編集画面では写真1枚1枚の再生時間を調節したり、映像の切り替わりの部分にトランジションをつけたり、好きな音楽を流すことができるようになっている。自分好みに編集して、スライドショーの形を整えよう。

編集が完了したら右下の 「保存」 をクリックし、あとは動画ファイルと同じように書き込んでいくだけ。これでスライドショーをBlu-rayやDVDに書き込むことができる。

Blu-rayやDVDを再生したときに最初に表示されるメニュー画面を編集したい場合は、動画や画像をドラッグしたあとに、右側に表示されているサンプルメニューから1つを選んでクリックすると、編集画面に移行することができる。

編集画面では背景の画像を変更したり、各メニューの文言やフォントを変更できるほか、BGMを設定することもできる。作ったBlu-rayやDVDをお友達や家族にプレゼントするなら、こちらもしっかり作り込んでおこう。

まとめ

「Leawo Blu-ray作成」 の良いところは、まずは慣れていない方でも簡単にBlu-rayやDVDが作成できること。そして映像の書き込みだけでなく、複数の写真からスライドショーを作って書き込むこともできること。この2点が特に優れているソフトだと感じた。

「Leawo Blu-ray作成」 の価格は、1年間だけ利用できる年間ライセンスは4,935円、一度購入すると永続的に利用できる永久ライセンスは7,410円となっている。Windows版とMac版の2種類が提供されているので、自分の使っているPCに合ったものを購入しよう。

また、体験版の配信も行われているため、使用感を確かめたい方はまずは公式サイトから体験版のダウンロードを。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。