Lenovo、「Lenovo Smart Display M10」 「Lenovo Smart Clock」 今月19日発売 Googleアシスタント搭載スマートディスプレイ

7月8日、レノボ・ジャパンは新製品 「Lenovo Smart Display M10」 「Lenovo Smart Clock」 を発表した。両製品とも今月19日から出荷開始予定、明日7月9日から予約受付が開始される予定だ。

Lenovoのスマートディスプレイ2種類が国内発売へ

「Lenovo Smart Display M10」 そして 「Lenovo Smart Clock」 はGoogleアシスタントを搭載したスマートディスプレイ。

Lenovo Smart Display M10

「Lenovo Smart Display M10」 は10.1インチの液晶ディスプレイを搭載したキッチンやリビングでの利用に適したモデル。「Google Nest Hub」 と互換のアプリケーション対応を行っているため、テレ朝newsやNIKKEIなどの国内動画ニュースコンテンツも視聴可能。Googleアシスタントはスマート家電に対応しているため、自宅の家電を声だけでコントロールすることが可能だ。

インテリアに溶け込む、ホワイトとバンブー調のナチュラルデザインを採用。10Wの2インチフルレンジスピーカー、低音を強調するデュアルパッシブラジエーターを備え、ホームオーディオとしても十分な音質を提供する。

本体にはふたつのマイクが内蔵されており、遠距離(最大8メートル)からの音声も認識できるようになっている。

また500万画素のカメラも搭載されており、これを使ったビデオ通話も可能。カメラにはプライバシーシャッターが備え付けられていて物理的にレンズを遮ることができるなど、プライバシーも配慮されていて安心だ。

「Lenovo Smart Display M10」 の価格は22,800円(税別)、7月19日に出荷開始。明日7月9日から予約受付が開始される予定だ。

Lenovo Smart Clock

「Lenovo Smart Clock」 はLenovo Smart Display M10よりも小型な4.0インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルで、どちらかというとベッドサイドに設置するのに適している。

インテリアに馴染むファブリック素材に、3Wのフルレンジスピーカー、デュアルパッシブラジエーターを備えた。ショックセンサーが付いていて、本体をタップすることでアラームを止められるため目覚まし時計として使うことができる。

さらに内蔵の光センサーによって、周囲の環境に合わせてディスプレイの明かりを自動調整する機能も搭載。アラーム設定時間の30分前から徐々にディスプレイを明るくする 「めざましディスプレイ機能」 も搭載されている。

もちろんGoogleアシスタント経由で、スマート家電のコントロールが可能。ルーティン機能を使えばひとつのコマンドで複数デバイスの操作が可能。

たとえば 「おはよう」 の一言で、その日の天気やスケジュール、ニュースの読み上げ。「おやすみ」 で照明のオフ、スマートフォンのマナーモード設定、「ホワイトノイズ」 と言われるリラクゼーションサウンドの再生など、ユーザーの心地よい睡眠をサポートする。ちなみにアラーム音、時計の表示デザインは複数から選択可能だ。

背面にはUSBポートが搭載されておりスマホの充電に便利。まさにベッドサイドに置いておきたい一台である。

「Lenovo Smart Clock」 の価格は9,100円(税別)。7月19日に出荷開始で、明日7月9日から予約受付が開始される予定だ。

関連記事
スマートディスプレイ 「Google Nest Hub」 が発売 価格は15,120円(税込)
Amazon、新型スマートディスプレイ 「Echo Show 5」 発売 5.5インチ画面搭載モデルが登場

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。